雪線 (天文学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
凍結線から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

天文学における雪線 (英: ice line)とは、太陽系形成論において原始太陽系星雲内の原始星で、アンモニアメタンなどの水素化合物が凝集し、気体から固体となるのに充分な低温となる距離である。スノーライン (: snow line)、氷境界 (英: frost line)ともいう[1][2]

その温度は密度に依存するが、おおむね150K程度と見積もられている。太陽系の場合、水の雪線は約2.7auであり、メインベルトの辺りになる。水が昇華する温度がおよそ170Kであり、雪線の内側では水は気体の水蒸気に、外側では固体の氷になる。そのため、雪線の内側では岩石の惑星が、その外側には氷の惑星ができる[リンク切れ][3]。原始太陽系星雲内で雪線よりも温度の低いところでは、降着による微惑星および惑星の生成が、これらの固体となった粒子によって起こりやすくなる。したがって、雪線は惑星の質を地球型木星型に分ける境界になる[4]

アルマ望遠鏡によって、2013年に一酸化炭素の雪線がうみへび座TW星 (TW Hya) に[5][6]、2016年に水の雪線がオリオン座V883星 (V833 Ori) に[7][8]発見されている。


参考文献[編集]

  1. ^ 國友正信 訳 (2014年10月27日). “地球の水はどこからやってきたのか?〈PLANETPLANET シリーズ:第5回〉”. 理の惑星. 2018年12月1日閲覧。
  2. ^ Raymond, S. (2013年9月25日). “Where did Earth’s water come from?”. PLANETPLANET. 2018年12月1日閲覧。
  3. ^ http://www.nao.ac.jp/open_lecture/2006/qa.html
  4. ^ Kaufmann, William J. (1987). Discovering the Universe. W.H. Freeman and Company. p. 94. ISBN 0-7167-1784-0. 
  5. ^ 若い星のまわりのスノーラインを直接撮像”. アルマ望遠鏡. 国立天文台 (2013年7月19日). 2018年12月2日閲覧。
  6. ^ Chunhua Qi, et al. (2013年7月18日). “Imaging of the CO Snow Line in a Solar Nebula Analog”. Science. 2018年12月2日閲覧。
  7. ^ 急増光中の若い星の周りに水のスノーライン”. アストロアーツ (2016年7月14日). 2018年12月2日閲覧。
  8. ^ Stellar Outburst Brings Water Snowline into View”. National Radio Astronomy Observatory (2016年7月13日). 2018年12月2日閲覧。

関連項目[編集]