冷水機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカの壁掛け型冷水機

冷水機(れいすいき)とは、飲料水を冷やして、供給するための電気製品英語の由来から、ウォータークーラーとも呼ばれる。 正しい名前はプレッシャー型 ウォータークーラーである。

概要[編集]

タンク貯蔵式冷水機

飲料水を冷やしておくための電気製品である。日本国内においては、主に床置き型と卓上型の2種類がある。前者は、蛇口近くのボタンを押すか、床付近にあるペダルを足で踏んでを出す。後者は、ボタンを押すか、コップレバーを押して水を出す。また、卓上型には、お茶緑茶ほうじ茶)などが出る機能が付いたものもある。

卓上型は水道管に直結されたものと、内部にタンクを持ち、水を貯蔵するものとがある。床置き型はすべて水道管に直結されている。

また、近年ではアメリカで主流のタンク貯蔵の床置き型もある。こちらは、水が入っている別体のタンク(巨大なボトル)を上部にセットしておき、レバーで水(あるいはお湯)を出す。重力によってを出すため、電動ポンプを必要としない。日本では、アクアクララなどがウォーターサーバーのレンタル事業を積極的に展開をしている。

アメリカなどでは、水道管直結の床置き型はなく、その代わりに掛け型や壁埋め込み型が普及している。

設置場所[編集]

日本では、主に学校公共施設(ホール、図書館、地下鉄の駅ホーム)、セルフサービス式の会社や工場などの社内食堂・飲食店などにある事が多い。かつては、0系新幹線国鉄特急車両などの列車内にも設けられる事が多かったが、衛生面での問題や、ミネラルウォーターの普及により、今ではほとんど見られなくなっている。

タンク貯蔵型は、小規模病院の待合室や携帯電話販売などにある事が多い(専用ボトルとセットでレンタルされている)。

アメリカでは、トイレの近くに置いてある事が非常に多い。

韓国では、タンク貯蔵型の冷水機が、百貨店や銀行などに多数設置されており、自由に利用することが出来る。

関連項目[編集]