蒔田尚昊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冬木透から転送)
移動先: 案内検索
蒔田 尚昊
別名 冬木 透
生誕 (1935-03-13) 1935年3月13日(82歳)
出身地 満州国の旗 満州国 新京
学歴 エリザベト短期大学作曲科
エリザベト短期大学宗教音楽専攻科修了
ジャンル クラシック、劇伴音楽
職業 作曲家
活動期間 1956年 -

蒔田 尚昊(まいた しょうこう、1935年3月13日 - )は、日本作曲家。別名、冬木 透(ふゆき とおる)。

人物[編集]

満州国首都新京出身[1]

14歳で母の郷里広島県に戻り、広島県北の高校から広島市内の広島観音高等学校に転校[2]。同校卒業後、1952年創立したエリザベト短期大学作曲科に入学。卒業後、同短期大学宗教音楽専攻科修了[1]TBS(当時ラジオ東京)に入社して効果を担当しつつ、国立音楽大学作曲科に編入[1]

合唱曲、特に児童合唱のための作・編曲が多い。また、宗教曲(キリスト教)も書いている。

映画テレビの音楽を担当する際は、冬木透の名前を使っている。この分野では、『ウルトラセブン』に始まるウルトラシリーズや、NHK連続テレビ小説鳩子の海』などが知られている[1]

特に『帰ってきたウルトラマン』の防衛隊・MATのテーマで流れる男性コーラス「ワンダバ」は、その後のウルトラシリーズの防衛隊音楽に大きな影響を与えた。

また、『ウルトラマンA』第51話「命を吸う音」では、バイオリン教室の先生役で出演している。

クラシック音楽にも精通しており、その流用も多く行った。『ウルトラセブン』の最終回ではシューマンピアノ協奏曲を流用したほか、フィンランドを舞台としたアニメ『牧場の少女カトリ』の劇伴使用曲は、そのほぼ全曲がフィンランドの作曲家シベリウスの作品からの編曲であった。

女優の岡本舞は娘である。

蒔田尚昊名義の作品[編集]

  • ピアノコンチェルティーノ「かごめかごめ」
  • ピアノコンチェルティーノ「アラベスク」
  • 歌曲「秋」「海の子守唄」
  • 歌曲「あどけない話」
  • 歌曲「智恵子抄」(高村光太郎・詩)I 樹下の二人 II あどけない話 III 同棲同類 IV 千鳥と遊ぶ千恵子 V レモン哀歌
  • 合唱組曲「ハーモニーの輪」
  • アンデルセン組曲(女声/児童合唱、独唱、ピアノ、ナレーションのための)
  • 児童合唱のための「町の子の原っぱ」
  • 花と草と風と(第52回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)
  • 同声三部合唱による「蝙蝠のワルツ」
  • 典礼聖歌388番・讃美歌21 57番・新聖歌40番「ガリラヤの風かおる丘で」
  • 東京都立日野台高等学校校歌

冬木透名義の作品[編集]

テレビ音楽[編集]

映画音楽[編集]

楽曲提供[編集]

その他[編集]

関連CD・DVD[編集]

  • 『儚夢楽記(ろまんがくき)〜冬木透×実相寺昭雄 ミュージック・ヒストリー〜』
    発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
  • ミュージックファイルシリーズ/ミュージックファイルEX『アンヌのテーマ-冬木透 ウルトラウンジ・フィーチャリング YURIKO-』
    発売元:バップ
  • 『冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン』(CD/DVD) ※2009年3月13日のコンサートを収録
    発売元:MILESTONE CROWDS

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]