冬の大三角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冬の大三角形から転送)
移動先: 案内検索
赤線:冬の大三角
青線:冬のダイヤモンド

冬の大三角(ふゆのだいさんかく)あるいは冬の大三角形[1]とは、冬季に南東空を見上げる事で確認ができる恒星のうち、

の3つの1等星を頂点とする三角形である[2]。形は正三角形に近く、三角形の中を淡い天の川が縦断している。

冬のダイヤモンド[編集]

の6つの1等星を順に結ぶと大きなダイヤモンドの形となる。これを、冬のダイヤモンド[1]または冬の大六角形[1]と言う。ベテルギウスはこの図形の内側に入っている。なお、ふたご座のα星カストル (2等星) を含む場合もある[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 札幌 2013年1月・2月の星空”. 札幌市青少年科学館. 2014年11月25日閲覧。
  2. ^ 冬の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  3. ^ Sense of Universe『冬のダイヤモンド中央で輝く青い光』”. 理科の探検公式ブログ. 2014年11月25日閲覧。