冨田康祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
冨田 康祐
Kohsuke Tomita (Kosuke Tomita)
20120401 Kousuke Tomita pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokosuka Stadium.JPG
横浜DeNAベイスターズ時代
(2012年4月1日、横須賀スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県西春日井郡西春町(現:北名古屋市
生年月日 (1988-04-24) 1988年4月24日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2011年 育成選手ドラフト1位
初出場 NPB / 2013年8月6日
最終出場 NPB / 2013年8月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

冨田 康祐(とみた こうすけ、1988年4月24日 - )は、愛知県西春日井郡西春町(現在の北名古屋市)出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

野球に興味を持つきっかけとなったのは、父親が「男の子だから」と買い与えたおもちゃのバットとグローブだったという[1]。小学生時代は、地元のスポーツ少年団(白木ウイングス)に所属するとともに、投手兼捕手で4番打者を任されていた。小学校の卒業文集には、「智辯和歌山に進学し、2年でサードのレギュラーを獲得し甲子園に出場する」と書いていた[1]

中学生時代は、ボーイズリーグの稲沢中央ボーイズ(愛知県稲沢市)に所属[2]すると同時に、学校の野球部にも所属。毎日のランニングと素振りを欠かさず「体力づくり」に専念した[1]。稲沢中央ボーイズでもエースとして活躍した。

中学卒業後、PL学園高へ進学。地元を離れて名門校へ「野球留学」することについて、周囲からは反対されて本人もかなり悩んだ。しかし中学校の恩師の後押しもあり進学を決めた[1]

PL学園高時代は、1年時の秋からベンチ入り。3年時は、前田健太の控え投手外野手として第78回選抜高等学校野球大会に出場。8番・中堅手として全試合にスタメン出場。準決勝の清峰高戦では、3番手として登板し1回を無失点に抑えたが、チームは敗退しベスト4に終わる。夏は、大阪府予選準々決勝で東大阪大柏原高に敗れ、選手権大会出場は3年間で果たせなかった。

高校卒業後は、MLB挑戦を検討していた[3]が、最終的に東都大学野球連盟に加盟する青山学院大学に進学した。1年時の春からリーグ戦に出場を果たすも、以後は右肘の故障もあり、通算7試合の登板で1勝1敗に終わった。4年時の2010年秋にプロ志望届を提出したが、同年のNPBドラフト会議では、どの球団からも指名されなかった。

独立リーグ・香川時代[編集]

2011年1月27日、四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズに入団[4]。同年は、抑えとしてリーグ戦64試合中48試合に登板[5]。3勝3敗9セーブ、防御率はリーグ2位の1.39をマークし[6]、球団の後期優勝に貢献。リーグの後期MVPに選ばれた[7]。当時、ホームゲームでクローザーとして登板する際にはスタジアムDJ(藤沢翼)から「イッツ トミ タイム!」という登場コールを受けていた[8]

2011年のNPB育成ドラフト会議で、横浜ベイスターズから1巡目で指名。育成選手として入団した。背番号は111

横浜時代[編集]

2012年には、イースタン・リーグ公式戦10試合に登板。0勝1敗、防御率6.00という成績を残した。チームメイトであったランディ・ルイーズからの誘いをきっかけに、シーズン終了後の11月30日から12月28日まで、プエルトリコウィンターリーグに参加した[9]

2013年には、香川時代に地元ケーブルテレビ局のリポーターとして自身を取材していた女性[10]1月に結婚。12月1日に結婚式を挙げた[10]。また、7月29日付で支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を68に変更。8月6日の対読売ジャイアンツ 戦(郡山総合運動場開成山野球場)に、救援で一軍デビューを果たした。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では、19試合の登板で1勝0敗6セーブ、防御率1.77を記録した。

2014年には、イースタン・リーグ公式戦20試合に登板。0勝2敗4セーブ、防御率3.27という成績を残した。しかし、一軍公式戦への登板機会はなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[11]12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[12]

DeNA退団後[編集]

2014年11月には、NPBの第1回12球団合同トライアウトに参加[3]シートバッティング形式で対戦した4人の打者を、全員無安打に抑えた。トライアウトの直後には、MLBテキサス・レンジャーズからマイナー契約のオファーを受けていることが報じられた[3]

2015年1月14日にマイナー契約を結ぶ[13]と、妻と共に渡米[14]。ショートシーズンA級スポケーン・インディアンス(Spokane Indiansノースウェストリーグ)所属の投手として臨んだリーグ戦[14]では、オール中継ぎで17試合へ登板すると、勝敗は付かなかったものの2セーブ、防御率4.71という成績を残した。しかし、 2016年1月13日に、球団から契約を解除された[15]

冨田自身は12月から1月にオーストラリアのリーグ(ABL)に短期参加ののち、前年に続いて古巣である香川の自主トレに参加[16]。2月下旬に渡米して複数のチームでテストを受ける予定と述べていた[16]

2016年4月から、メキシカンリーグの下部リーグであるLiga Norte de MexicoのRojos De Caborcaに所属していた[17]

2016年7月22日、約5年ぶりとなる香川オリーブガイナーズへの復帰が発表された[18]。香川では主にリリーフとして後期34試合中29試合に登板、監督の西田真二やコーチの伊藤秀範は、冨田が加わったことでリリーフ陣が強化され、後期優勝を争う上で力になったと評した[19][20]。11月12日の12球団合同トライアウトに参加し、1安打1四球(1人はゴロに打ち取ったが失策出塁)という内容だった[21]。11月30日、香川を退団することが発表された[22]

香川退団後は実家の工場管理会社を継ぐとともに、名古屋にある野球ベルトの開発会社にシニアマネージャーとして加わっている[23]

選手としての特徴・人物[編集]

冨田の投球フォーム(2011年の香川時代)

スリークォーターから最速152km/hのストレートツーシームに加え、スライダーフォークなどを投げる[24]

青山学院大学硬式野球部での同期生に、下水流昂外野手Honda硬式野球部を経て2013年に広島東洋カープへ入団)や三田友梨佳マネージャー(現在はフジテレビアナウンサー)がいる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 DeNA 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 0.2 1 0 1 0 0 0 0 0 2 2 27.00 3.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 0.2 1 0 1 0 0 0 0 0 2 2 27.00 3.00
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]































2011 香川 48 0 3 3 9 .500 71.1 24 2 69 11 1.39 8.74
2016 29 0 5 0 1 1.00 45.0 13 3 44 9 1.80 8.80
通算:2年 77 0 8 3 10 .727 116.1 37 5 113 20 1.55 8.71
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 16 (2011年)
  • 111 (2012年 - 2013年7月28日)
  • 68 (2013年7月29日 - 2014年)
  • 19 (2015年 - 2016年)
  • 13 (2016年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 輝人(キラッと)・輝くあなたを応援します「広報北名古屋」2007年7月号13ページ
  2. ^ 「中日スポーツ」2011年10月28日号7面
  3. ^ a b c レンジャーズ、前DeNA冨田と契約へ…PLでマエケンと同期”. サンケイスポーツ (2014年11月21日). 2014年12月14日閲覧。
  4. ^ 新入団選手内定のお知らせ”. 香川オリーブガイナーズ オフィシャル・サイト (2011年1月27日). 2012年5月23日閲覧。
  5. ^ 香川OG4選手が育成枠/プロ野球ドラフト会議 - 四国新聞2011年10月28日
  6. ^ 順位表・成績 2011年 - 四国アイランドリーグplus(「投手成績(10傑)」の箇所を参照)
  7. ^ 後期リーグMVP冨田選手(香川OG)に決定 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2011年11月8日)
  8. ^ “【ニュース】トミ・タイム再び。元香川OGの150km右腕、冨田康祐の復帰決定!”. 4SPO. (2016年7月22日). http://go5kagawa.com/blog/?p=5450 2016年7月23日閲覧。 
  9. ^ DeNA冨田、プエルトリコで実戦登板”. デイリースポーツ (2011年11月30日). 2012年11月30日閲覧。
  10. ^ a b DeNA冨田が結婚「救援で結果出したい”. スポニチアネックス (2013年12月19日). 2014年10月3日閲覧。
  11. ^ 2015年度選手契約について - 横浜DeNAベイスターズ(2014年10月3日)
  12. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  13. ^ DeNA戦力外、マエケン同期の冨田 レンジャーズとマイナー契約 スポニチアネックス (2015年1月15日) 2015年1月15日閲覧
  14. ^ a b DeNA戦力外の冨田 過酷マイナーで奮闘中「今は野球が楽しい」 - スポニチアネックス2015年8月19日
  15. ^ レンジャーズ 元DeNA冨田の契約解除 傘下1Aでプレー - スポニチアネックス2016年1月15日
  16. ^ a b 冨田康祐選手にインタビュー!”. 香川オリーブガイナーズ (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  17. ^ “元香川の冨田 メキシコでMLBの夢追う”. デイリースポーツ. (2016年4月4日). http://www.daily.co.jp/baseball/shikoku/2016/04/04/0008963957.shtml 2016年4月24日閲覧。 
  18. ^ 元・横浜DeNAベイスターズ冨田康祐選手 香川OG入団のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年7月22日)
  19. ^ 打撃をカバーする投手力 - 西田真二「赤ヘル寅さん放浪記」(2016年9月1日)
  20. ^ 野球西国巡り第248回 - Sports Communications(2016年9月21日。執筆は投手コーチの伊藤秀範)
  21. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  22. ^ 香川OG 退団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年11月30日)
  23. ^ “冨田康祐さん MLBから侍ライバルまで…世界中に広がる“友達の輪””. スポーツニッポン. (2018年3月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/11/kiji/20180311s00001173033000c.html 2018年3月11日閲覧。 
  24. ^ ヤクルト ドラフト隠し玉にマエケンの高校同期”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月18日). 2012年5月23日閲覧。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]