冨田務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冨田 務(とみた つとむ、1943年10月14日 - )は、日本の自動車技術者。トヨタ・モータースポーツ有限会社(TMG)会長、トヨタF1チーム代表、富士スピードウェイ代表取締役会長などを歴任した。

プロフィール[編集]

  • 1969年 - トヨタ自動車にエンジン開発技術者として入社する。
  • 1987年 - ル・マン24時間レース世界ラリー選手権 (WRC) などの車両のレーシングエンジンの開発責任者を務める。
  • 1996年 - トヨタ自動車取締役に就任する。
  • 2000年 - TMG会長に就任する。
  • 2004年 - オベ・アンダーソンに代わり、トヨタF1チームの代表に就任する。
  • 2007年 - TMG会長とF1チーム代表を退任(後任は山科忠)。トヨタ自動車顧問および富士スピードウェイ代表取締役会長に就任する。
  • 2009年 - トヨタ自動車顧問と富士スピードウェイ代表取締役会長を退任。

関連項目[編集]