冨松彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
冨松 彰
(とみまつ あきら)
生誕 (1947-12-06) 1947年12月6日(71歳)
日本の旗 日本 大阪府
研究分野 宇宙論重力理論
研究機関 広島大学名古屋大学
出身校 京都大学
博士課程
指導教員
林忠四郎
主な業績 トミマツ・サトウ解の発見
主な受賞歴 仁科記念賞(1973年)
プロジェクト:人物伝

冨松 彰(とみまつ あきら、1947年12月6日 - )は、日本宇宙物理学者。専門は、宇宙論重力理論

大阪府出身。広島大学理学部助教授[1]名古屋大学理学部重力理論研究室教授を歴任。

略歴[編集]

業績[編集]

冨松彰の最大の業績は佐藤文隆と共にT-S解を発見したことである。T-S解は正しくは「トミマツ・サトウ解」といい、アインシュタイン方程式により、球対称でなくかつ回転するブラックホールを記述する理論である。その後、X線天文学によってブラックホールの存在が立証されたものの、T-S解が示す裸の特異点の存在は確認されておらず、さらなる研究が求められている。

著書[編集]

  • 日本物理学会編、「ブラックホールとは」 『現代の宇宙像-宇宙の誕生から超新星爆発まで』 培風館、1991年7月。ISBN 978-4563022075 

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]