冠山山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国山地周辺の地形図
中国山地周辺の地形図

冠山山地(かんむりやまさんち)は、 中国山地の西縁にある山地である[1]広島県山口県島根県の県境にあり、3県に跨っている[2]西中国山地国定公園に属し、主峰は広島県廿日市市にある冠山である。 山地には、北から阿佐山 (1218m) 、大佐山 (1069m) 、恐羅漢山 (1346m) 、羅漢山 (1109m) など、標高1000m級の山が連なる。 北東から南西方向に、断層地形が発達している。 傾斜面が多いため、放牧場スキー場などに利用されている[3]

主な山[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ニッポニカ”. japan-e-knowledge.jp. 2021年3月7日閲覧。
  2. ^ 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典. “冠山山地とは” (日本語). コトバンク. 2020年12月6日閲覧。
  3. ^ 冠山山地(かんむりやまさんち)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2021年3月7日閲覧。