円谷峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

円谷 峻(つぶらや たかし、1945年5月7日-2017年2月25日[1])は、日本法学者。専門は民法・消費者法。特に、契約法不法行為法消費者契約法を研究。

略歴[編集]

福島県生まれ。1969年横浜国立大学経済学部卒業、1971年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了、1974年同博士課程単位取得退学。指導教官は好美清光[2]。同年横浜国立大学経営学部専任講師、75年助教授、89年教授、90年同国際経済法学研究科教授、94年同国際開発研究科教授、99年同国際経済法学研究科長、2006年定年退任、名誉教授、明治大学大学院法務研究科(法科大学院)専任教授。2016年退任[3]

この他、1999年4月から2003年3月まで横浜国立大学評議員、2002年4月から2005年3月まで法務省司法試験考査委員、2009年4月から2014年3月まで消費者法学会理事・消費者教育支援センター理事、2009年4月より公益法人自動車製造物責任相談センター副理事長、2012年4月から2016年3月まで放送大学客員教授。2017年胃がんのため品川区内の病院で死去[4]。叙従四位瑞宝中綬章追贈[5]

恩師[編集]

指導教官は好美清光[6][7]

親族[編集]

妻は弁護士円谷瑛子。子息に弁護士の円谷順がいる[8]

主要著書[編集]

単著[編集]

  • 『契約の成立と責任』(1988)(一粒社
  • 『比較財産法講義』(1992)(学陽書房
  • 『現代契約法の課題―国際取引と民法理論―』(1997)(一粒社)
  • 『新・契約の成立と責任』(2004)(成文堂
  • 『不法行為法・事務管理・不当利得―判例による法形成』(2005、第2版2010、第3版2016)(成文堂)
  • 『ドイツ民法総論―設例・設問を通じて学ぶ』(翻訳)(2008、第2版2015)(成文堂)
  • 『債権総論―判例を通じて学ぶ』(2008、第2版2010)(成文堂)
  • 『民法』(2013)(放送大学教育振興会

共著[編集]

編著[編集]

  • 『二一世紀判例契約法の最前線 : 野村豊弘先生還暦記念論文集』(2006)(判例タイムズ社
  • 『損害賠償法の軌跡と展望 : 山田卓生先生古稀記念論文集』(2008)(日本評論社
  • 『社会の変容と民法典』(2010)(成文堂)
  • 『民法改正案の検討 第1巻-第3巻』(2013)(成文堂)

参考[編集]

  • 『民事責任の法理―円谷峻先生古稀祝賀論文集』(2015)(成文堂)

脚注[編集]