円福寺 (福山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
円福寺
Enpuku temple Hondo.jpg
所在地 広島県福山市鞆町鞆10
位置 北緯34度22分55.07秒
東経133度23分0.47秒
座標: 北緯34度22分55.07秒 東経133度23分0.47秒
山号 南林山
宗派 真言宗大覚寺派
創建年 慶長15年(1610年)頃
正式名 南林山 釈迦院 円福寺
文化財 大可島城跡附伝桑原一族墓地(福山市指定史跡)
法人番号 9240005008106 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

円福寺(えんぷくじ)は、広島県福山市鞆町鞆にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は南林山。詳しくは、南林山 釈迦院 円福寺と号する。

歴史[編集]

当寺院の前身は、釈迦堂と呼ばれ室町時代には存在していたようであり、沼名前神社の南に位置していた。

当寺院の建つ場所は戦国時代以前は島であったが、慶長5年(1600年)頃の鞆城建造に伴い陸続きとなった。慶長15年(1610年)頃に大可島城(たいがしましろ)の跡地に移転し、建造されたと伝えられる。江戸時代真言宗明王院の末寺となっていた。朝鮮通信使が来日した際には上官が宿泊した。

いろは丸沈没事件の談判の際、紀州藩の宿舎に使用された。

文化財[編集]

  • 福山市指定史跡
    • 大可島城跡附伝桑原一族墓地

所在地[編集]

  • 広島県福山市鞆町鞆10

外部リンク[編集]