内閣府設置法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内閣府設置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 平成11年7月16日法律第89号
効力 現行法
種類 行政法、組織法
主な内容 内閣府の設置、組織など
関連法令 国家行政組織法内閣法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

内閣府設置法(ないかくふせっちほう、平成11年法律第89号)は、内閣府の設置、その任務・所掌事務を定めるとともに、その所掌事務を能率的に遂行するため必要な組織に関する事項を定めることを目的とする日本の法律である。

一般には内閣府はおおむね中央省庁再編前の総理府の後継機関と考えられているが、再編前は上位法である国家行政組織法の規定を受けて個別法としての各府省の設置法が存在するという「府省横並び」の関係にあったのに対し、再編後は内閣府設置法のみ国家行政組織法の対象外(国家行政組織法と同列)とされたため、内閣府は総務省などの他省より上位の格を有する機関と位置づけられている。

構成[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]