内部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内部駅
駅舎
駅舎
うつべ - UTSUBE
小古曽 (0.7km)
所在地 三重県四日市市小古曽三丁目5-29
所属事業者 四日市あすなろう鉄道
所属路線 内部線
キロ程 5.7km(あすなろう四日市起点)
電報略号 ウツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
862人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1922年大正11年)6月21日
テンプレートを表示

内部駅(うつべえき)は、三重県四日市市小古曽三丁目にある、四日市あすなろう鉄道内部線。内部線の終着駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム
内部車庫

単式ホーム1面1線を持つ地上駅。ホームは線路北側にあり、有効長は3両。駅舎(改札口)はホーム北側にある。

駅構内に検車設備(白塚検車区内部車庫)がある。内部・八王子線の車両はすべてここに所属する。重要部・全般検査の際は、車体は車庫内で行い、床下機器・台車などはトラック塩浜検修車庫に輸送して行う。

かつては当駅から先に延長計画があり、実際に工事にも着手していたため、駅周辺にその遺構がある。

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り(但し、下記は当時全て近畿日本鉄道での集計である)[2]

  • 2012年11月13日:1,235人
  • 2010年11月9日:1,199人
  • 2008年11月18日:1,105人
  • 2005年11月8日:916人

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 846
1998年 833
1999年 836
2000年 840
2001年 787
2002年 777
2003年 753
2004年 747
2005年 750
2006年 762
2007年 772
2008年 823
2009年 810
2010年 844
2011年 828
2012年 844
2013年 862
  • 内部駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、内部駅前となる。以下の路線が乗り入れ、三重交通により運行されている。

隣の駅[編集]

四日市あすなろう鉄道
内部線
小古曽駅 - 内部駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 駅別乗降人員 八王子線 内部線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]