内貴清兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内貴 清兵衛(ないき せいべえ、1878年明治11年)-1955年昭和30年))は日本の実業家文化人日本新薬の創設者、島津製作所日本電池京都織物などの役員を歴任、北大路魯山人等のパトロン

略歴

1878年(明治11年)、京都市初代市長で実業家の内貴甚三郎の長男として生まれる。和仏法律学校(現法政大学)を卒業後、実家の呉服問屋『銭清』を継ぐ。

1919年大正8年)に市野瀬潜と共に日本新薬を創設する。また、島津製作所・日本電池など多くの企業で役員を務める。

1928年昭和3年)から1934年昭和9年)、1936年昭和11年)から1941年昭和16年)まで、財団法人立命館の協議員を務めた[1][2]

1955年(昭和30年)に死去、77歳。

人物

文化人としても知られており、北大路魯山人[3]村上華岳[4]冨田溪仙[5]小松均[6]など多くの芸術家の支援を行った。

講述書

参考

注釈

  1. ^ 出典: 『京都法政学校創立事務所 - その場所と人をめぐって -』 著・久保田謙次「立命館百年史紀要 第20巻」
  2. ^ 父・内貴甚三郎も、京都法政学校(現在の立命館大学)の設立賛助員を務めた
  3. ^ 『北大路魯山人』
  4. ^ 『大正の日本画-現代美の源流を探る』
  5. ^ 『日本美術全集 第22巻』
  6. ^ 小松均美術館-小松均 略年譜