内藤正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内藤 正人(ないとう まさと、1963年 - )は、美術史研究者。主に江戸時代の浮世絵琳派を研究テーマとしている。

このほか、現代のサブカルチャー「絵師」についての評論(産経新聞社「絵師100人展」図録など)もおこなう。

略歴[編集]

愛知県名古屋市出身。愛知県立千種高等学校卒。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。博士(美学)。

出光美術館主任学芸員を経て、慶應義塾大学文学部教授。慶應義塾大学アート・センター所長。

国際浮世絵学会常任理事。国際博物館会議(ICOM)日本委員会理事。

受賞歴[編集]

  • 1993年(平成5年)、第1回鹿島美術財団賞。「北斎漫画の研究ーとくにその初編を中心に」。
  • 2015年(平成27年)、第9回国際浮世絵学会賞。「浮世絵師勝川春章歌川広重に関する、さらには浮世絵と貴人の支援者に関する、それぞれの独創的な研究に対して」。 

主な編著書[編集]

  • 歌川国芳』 新潮社〈新潮日本美術文庫22〉 1998
  • 『色競 未公開肉筆画帖』 河出書房新社 2000
  • 『江戸名所図屏風 大江戸劇場の幕が開く』 小学館 2003
  • 浮世絵再発見 大名たちが愛でた逸品・絶品』 小学館 2005
  • 『もっと知りたい歌川広重』 東京美術 2007
  • 北斎 波千鳥 浮世絵春画名品コレクション2』ランダムハウス講談社 2009
  • 北斎 萬福和合神 浮世絵春画名品コレクション4』ランダムハウス講談社 2009
  • 『新選 歌川広重 保永堂版「東海道五十三次」神髄集成』 小学館 2011
  • 勝川春章と天明期の浮世絵美人画』 東京大学出版会 2012
  • 『江戸の人気浮世絵師 俗とアートを究めた15人』 幻冬舎〈幻冬舎新書271〉 2012
  • 浮世絵とパトロン 天皇・将軍・大名の愛した名品たち』 慶應義塾大学出版会 2014(『浮世絵再発見)の増補・改訂・改題版)
  • 『うき世と浮世絵』東京大学出版会 2017
  • 北斎への招待』朝日新聞出版 2017
  • 『くらべてわかる 北斎VS広重』敬文舎 2019

主な共編著[編集]

  • “RIMPA ART from the Idemitsu Collection,Tokyo”, British Museum Press, London,1998
  • 『アートと社会』 東京書籍 2016

脚注[編集]

外部リンク[編集]