内藤守三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内藤守三

内藤 守三(ないとう もりぞう、安政4年2月13日1857年3月8日) - 昭和21年(1946年2月22日)は、実業家政治家国勢調査創設者。安芸国賀茂郡板城村馬木(現在の広島県東広島市)出身。幼名・太郎一。

来歴[編集]

若くして庄屋をつとめ、戸長にもなる。竹原の学館で漢学を修め1870年上京、東京開成学校英語法律、国勢学(統計学)を、皇典講究所国学を学ぶ。卒業後黒瀬川浚渫事業に携わった後、実業家となり1888年呉市に呉土工会社を設立。呉海軍工廠の誘致・山陽鉄道の国有化等に尽力、また呉市二河公園の建設など同地の市街地整備にあたった。1892年には高性能爆弾の研究を進めていた下瀬雅允に資金を提供し、日露戦争で威力を発揮した下瀬火薬の開発に協力した。

1899年郡部選出、無所属、衆議院議員に選出され4回当選。杉亨二呉文聰らと共に国勢調査の実施に尽力。その必要性を主唱し1902年2月の第16回帝国議会に委員長として「国勢調査ニ関スル法律案」を議員提出法案として衆議院に提出。原案どおり可決、即日貴族院に送付、3月可決。12月、法律第49号をもって公布され1905年の施行となったが、1904年から始まった日露戦争により延期。しかし同年台湾で予備的調査を行う。この調査は1920年の第1回国勢調査の下地となったが、既に15年が経過し杉亨二も呉文聰も他界し、国勢調査に関わった人物でひとり内藤のみが、初の国勢調査を見届けた。

1946年逝去。翌日勲四等瑞宝章が授与された。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 回顧小話

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献[編集]