いじめられっ子のチャンピオンベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いじめられっ子のチャンピオンベルト
著者 内藤大助
発行日 日本の旗 2008年2月23日
発行元 日本の旗 講談社
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 192
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

いじめられっ子のチャンピオンベルト(いじめられっこのチャンピオンベルト)は、プロボクサー内藤大助自伝

自叙伝[編集]

2008年2月23日に発売。キャッチコピーは「神様なんて、絶対にいない。僕は、生まれてくるべきじゃなかったんだ……

貧しかったという内藤自身の生い立ちに始まり、彼が少年期に受けていた壮絶ないじめ、そのトラウマを克服する為に始めたボクシングで遅咲きの世界チャンピオンとなり、国民的な人気者になるまでを綴った自伝小説である。

テレビドラマ[編集]

2008年7月28日TBS系列の『月曜ゴールデン』内で『内藤大助物語 〜いじめられっ子のチャンピオンベルト〜』のタイトルで放送された。放送時間は21:00〜22:54(JST)。

物語は、内藤大助少年が不良グループから壮絶ないじめを受け、人生に絶望していた中学時代から、ボクシングの東日本フライ級新人王として故郷に凱旋、「いじめられっ子を卒業」するまでを描いているが番組紹介のサイトによると、本ドラマは当該自伝を原作としたフィクションという位置付けになっている[1]。対戦相手のボクサー役には現役のプロボクサーや格闘家が出演し、臨場感を引き立たせている。

また、放送2日後の2008年7月30日に内藤が当時保持していたWBC世界フライ級王座の防衛戦が行われ、内藤は清水智信との対決を制し、3度目のタイトル防衛を果たした。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]