内藤信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内藤信義
時代 江戸時代中期
生誕 明和2年(1765年
死没 不明
別名 保之助
官位 従五位下豊後守、越前
幕府 江戸幕府
旗本5000石
知行地:駿河国富士郡および駿東郡
氏族 内藤家 (信成系)
父母 父:内藤信智、母:谷衛衝の娘
酒井忠温の娘
養子:信政
テンプレートを表示

内藤 信義(ないとう のぶよし)は、村上藩内藤家の分家当主。旗本米沢藩上杉重定の四男定興(内藤信政と改名)を養子とした。

天明2年(1782年)3月、18歳で内藤信庸の遺跡を継ぐ。同5年(1785年)12月9日、徳川家治御目見し、翌6年(1786年)12月2日、中奧の小姓となる。同7年(1787年)、従五位下・豊後守に叙任された。

寛政3年(1791年)9月16日に職を辞している。

出典[編集]