内藤伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内藤 伸(ないとう しん、1882年10月1日 - 1967年8月21日)は、彫刻家日本芸術院会員。

略歴[編集]

1882年島根県吉田村に生まれる。上京して高村光雲に師事、1904年東京美術学校選科卒。文展出品ののち、1914年日本美術院同人、1915年、再興院展に出品、1919年、脱退。1921年帝展審査委員、1927年帝国美術院会員、1929年日本木彫会を設立し主宰する。戦後は日展に出品し日本芸術院会員。1952年、日本木彫会再興、1958年、日展顧問、1965年勲三等瑞宝章受章。1967年8月21日、贈従四位

個人美術館[編集]

主な作品[編集]

  • 「子安観音像」(像高192cm、ブロンズ、1925年作)吉田公園観音堂蔵
  • 「楠御夢之図」湊川神社