内藤丈草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内藤 丈草(ないとう じょうそう、寛文2年(1662年) - 元禄17年2月24日1704年3月29日))は現在の愛知県犬山市出身の江戸時代前・中期の俳人。名は本常(もとつね)。通称は林右衛門、号を丈草、別号を仏幻庵など。松尾芭蕉の門人となり、蕉門十哲の一人となった。

経歴[編集]

尾張藩犬山領主成瀬家家臣・内藤源左衛門の長子として生まれる[1]。丈草の父源左衛門は、実姉の松寿院が成瀬正虎の愛妾だった縁で、成瀬家に仕官が許された[1]

丈草は14歳で寺尾直竜に出仕する[1]。寺尾直竜は俳諧を嗜み、不木と号した俳人であった。18歳の頃、名古屋に遊学し、穂積元庵に漢学を学んだとされる[1]貞享5年(1688年)8月、27歳にして遁世[1]。遁世後、玉堂和尚ゆかりの寺院で過ごし、奥の細道の旅から帰った松尾芭蕉に出逢う[1]。やがて、『猿蓑』の跋を執筆するほどの信頼を得て、元禄6年(1693年)無名庵に入るが、翌年、芭蕉が亡くなる[1]。芭蕉の喪が明けると、竜ヶ岡に仏玄庵を結び、大行脚や経塚建立を果たした[1]。元禄17年(1704年)2月14日、43歳没[1]

俳風[編集]

堀切実は、自然観照に基づく叙景句、自らの心情を反映させた境涯句、鋭い観察眼と洒脱な心境によるユーモラスな句の3つの傾向があると指摘する[2]

作品[編集]

編著

『寝ころび草』

『驢鳴草』(漢詩集)

『丈草俳句集』蝶夢編

追悼集

『幻九庵』魯九編、宝永元年(1704年)

『鳰法華』魯九編、宝永7年(1710年)

『竜ヶ岡』馬州編、宝暦3年(1753年)

『竜ヶ岡』礪山編、嘉永3年(1850年)

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典第3巻』 岩波書店、1990年12月、355-356頁。 
  2. ^ 堀切実 『芭蕉の門人』 岩波書店、1991年1月、104-107頁。