内的自然増加率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内的自然増加率(ないてきしぜんぞうかりつ)とは、個体群生態学において、その生物が潜在的にもっている最大の繁殖増加率[1]。英語では intrinsic rate of natural increaseintrinsic natural growth rate、単に intrinsic growth rate、あるいは biotic potential とも呼ばれる[2][1]

理論的側面[編集]

個体群成長の計算モデルであるロジスティック方程式では、個体群サイズ成長速度 dN/dt を以下のように求めることができる[3]

式中の r が内的自然増加率と呼ばれる定数である[3]

また、アルフレッド・ロトカが導入した true rate of natural increase (真の自然増加率)についても intrinsic rate of natural increase と呼ばれる[4]。ただし、この定義は、ロトカが提唱した「安定人口」の自然増加率であり、普通出生率を b、普通死亡率を d として r = bd で定義されるものである[4]

実際の生物の場合[編集]

実際の生物においては、rはまずは子孫を作る数によって決まる。例えば産卵数、種子生産数のようなものである。

脚注[編集]

  1. ^ a b 瀬野裕美 『数理生物学―個体群動態の数理モデリング入門』 共立出版、2007年、初版、13-14頁。ISBN 978-4-320-05656-5
  2. ^ biotic potential - A Dictionary of Zoology”. The Encyclopedia.com. HighBeam Research. 2014年11月15日閲覧。
  3. ^ a b 巌佐庸 「第2章 人口増殖と環境収容力」『集団生物学』 日本生態学会、巌佐庸・舘田英典(担当編集委員)、共立出版〈シリーズ 現代の生態学 1〉、2015年、初版、18–19。ISBN 978-4-320-05744-9
  4. ^ a b 岡崎陽一 『人口統計学』 古今書院、1999年、増補改訂版、149-153頁。ISBN 4-7722-4011-X