内田裕基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
内田 裕基
(うちだ ひろき)
プロフィール
別名 内田ゆき
誕生日 (1991-05-27) 1991年5月27日(27歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
主な作品
映画 『三森迷子の逃亡』
アニメゲーマーズ!
特撮ウルトラマンX
ウルトラマンオーブ

内田 裕基(うちだ ひろき[1]1991年5月27日[1] - )は、日本男性脚本家東京工芸大学芸術学部映像学科卒業[1]

人物[編集]

ウルトラシリーズが脚本家を志す主な要因と公言しており、学生時代に自主映画を製作する傍ら、「ウルトラマンの脚本家になるにはどうしたらよいか」と当時『ウルトラマンマックス』のライター陣に参加していた小林雄次に直談判した事がきっかけで同作に参加していた映画監督の梶研吾を紹介され、梶のもとで自主映画の製作に携わり、2012年に「三森迷子の逃亡」で商業作品デビューを果たす[2][3]

他の女性クリエイターとの合作作品も存在し、その一連の作品では合同のペンネームとして内田ゆき名義を使用している。

2018年に「ぼくの初恋は透明になって消えた。」で小説家としてもデビューした。

作品[編集]

映画[編集]

  • 三森迷子の逃亡(2012年)※デビュー作[1]
  • シフガフ「好き。」(2013年、監督兼任)
  • 炎〜HOMURA(2014年) - 梶研吾と共同脚本
  • オールドフレンド(2014年、監督兼任)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

  • Puppet(2014年)
  • 朗読書店 オンリー・ブック・リーディング『分岐美少年』(2016年)

漫画[編集]

漫画原作[編集]

  • 駆ケ落チ・心中・ヴァージンロード(作画:宇佐崎しろ、同人誌、COMITIA120で頒布開始)
  • 水の中の九月(作画:鏑木えむ、同人誌、COMITIA120頒布開始)

小説[編集]

オーディオドラマ[編集]

  • スタミュ 主題歌「SHOW MUST GO ON!」初回限定盤特典CD収録ボイスドラマ『浦島坂田船クエスト』(2017年、脚本)[1]
  • 浦島坂田船「Four the C」初回限定盤B 特典CD収録ボイスドラマ『続・男子高生の非・日常』(2017年、脚本)[4]
  • ゲーマーズ! DVD&Blu-ray全巻封入特典ドラマCD(2017年9月 - 2018年2月、脚本)[1]
  • 浦島坂田船「V-enus」(2018年、脚本)[5][4]
    • アニメイト特典CD収録ボイスドラマ『続々・男子高生の非・日常』
    • Amazon.co.jp特典CD収録ボイスドラマ『スペースシップ☆浦島坂田船』

その他[編集]

  • ウルトラマンX 第1話・第10話(2015年、出演[6][7]
  • ウルトラマンオーブ 第11話(2016年、出演[8]
  • 「高校生のための eiga worldcup 2015」自由部門第一次審査員
  • イベント『Happy Halloweeeen 浦島坂田幽霊船』朗読劇(2017年、脚本)[4]
  • 浦島坂田船 日本武道館公演 影ナレーション原稿 (2018年)[4][9]
  • うらたぬきバースデーライブ『Greedy World』朗読劇(2018年、脚本)[4][10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Profile - 脚本家・内田裕基 公式頁/uchida hiroki official site
  2. ^ 特撮は爆発だ! #120 - YouTube - 2時間30秒ごろから。
  3. ^ 2015年6月17日のツイート - 小林雄次(@kobayuji)|Twitter
  4. ^ a b c d e Works”. 脚本、小説、内田裕基のまとめ。. 2018年8月17日閲覧。
  5. ^ 2018年4月24日のツイート - 本人のTwitterアカウントより
  6. ^ 2015年7月14日のツイート - 本人のTwitterアカウントより
  7. ^ 2015年9月15日のツイート - 本人のTwitterアカウントより
  8. ^ 2016年9月17日のツイート - 本人のTwitterアカウントより
  9. ^ 2018年7月31日のツイート - 本人のTwitterアカウントより
  10. ^ 2018年8月11日のツイート - 本人のTwitterアカウントより

外部リンク[編集]