内田芳明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 芳明(うちだ よしあき、1923年 - 2014年7月8日[1]社会思想研究者。大塚久雄と親しく、マックス・ヴェーバー『古代ユダヤ教』の翻訳・研究により1999年にレッシングドイツ連邦政府翻訳賞受賞。元比較法文化学会会長、日本景観学会名誉会員。

来歴[編集]

東京生まれ。1952年東京商科大学(現一橋大学)卒業、1957年同特別研究生修了。

1989年横浜国立大学経済学部教授を定年退官。その間、ドイツマールブルク大学客員教授、テュービンゲン大学客員教授、ベルリン大学客員教授等を歴任。

主な著書[編集]

主な訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]