内田満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内田 満(うちだ みつる、1930年1月4日 - 2007年1月26日)は、東京生まれの日本政治学者早稲田大学名誉教授。日本政治学会理事長、日本選挙学会理事長、衆議院議員選挙区画定審議会委員、財団法人明るい選挙推進協会会長を務めた。

専門は政治学でアメリカのロビイストについての研究でも知られた。ニュースキャスターの久和ひとみ政治運動家山口節生はゼミの教え子。

2007年1月26日、心筋梗塞のため死去、享年77。

略歴[編集]

1953年、早稲田大学第一政治経済学部新聞学科卒業。 2002年、早稲田大学博士(政治学)。博士論文は「日本政治学の一源流」。 1969年、早稲田大学政治経済学部教授。 1978年、早稲田大学別科国際部長。 1986年、早稲田大学政治経済学部長。 1990年には総長選挙に出馬したが、決選投票で小山宙丸(文学部教授)に敗れた。 1994年の総長選挙では、決選投票で奥島孝康(法学部教授)に敗れた。 2000年、定年退職、早稲田大学名誉教授。 ウースター大学客員助教授、アーラム大学客員助教授、ドゥ・ラサール大学客員教授、政策研究大学院大学客員教授も務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『政治参加と政治過程――現代日本の政治分析』(前野書店, 1972年)
  • 『都市デモクラシー』(中央公論社[中公新書], 1978年)
  • 『アメリカ圧力団体の研究』(三一書房, 1980年)
  • 『政党政治の政治学』(三一書房, 1981年)
  • 『政党政治の論理』(三嶺書房, 1983年)
  • 『現代政治学を読む』(三嶺書房, 1984年)
  • 『現代アメリカ圧力団体』(三嶺書房, 1988年)
  • 『最近政治学案内』(三嶺書房, 1989年)
  • 『野獣と天使の間で――早稲田と政治学と』(三嶺書房, 1990年)
  • 『アメリカ政治学への視座――早稲田政治学の形成過程』(三嶺書房, 1992年)
  • 『変貌するアメリカ圧力政治――その理論と実際』(三嶺書房, 1995年)
  • 『有島武郎――虚構と実像』(有精堂出版, 1996年)
  • 『現代アメリカ政治学――形成期の群像』(三嶺書房, 1997年)
  • 『政治に美学を政治学に志を』(三嶺書房, 1999年)
  • 『可能事の芸術と現実の間で――私と早稲田と政治学』(三嶺書房, 2000年)
  • 『内田満政治学論集(1)日本政治学の一源流』(早稲田大学出版部, 2000年)
  • 『内田満政治学論集(2)政党・圧力団体・議会』(早稲田大学出版部, 2000年)
  • 『内田満政治学論集(3)現代のデモクラシー』(早稲田大学出版部, 2000年)
  • 『早稲田政治学史断章』(三嶺書房, 2002年)
  • 『政治をめざす人のための政治学十二章――名句に学ぶデモクラシー』(ブレーン出版, 2004年)
  • 『政治学入門』(東信堂, 2006年)
  • 『早稲田政治学史研究――もう一つの日本政治学史』(東信堂, 2007年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『選挙』(至文堂, 1975年)
  • 『政治学を学ぶ』(有斐閣, 1976年)
  • 『変動の時代(2)政治の変動』(朝倉書店, 1980年)
  • 『講座政治学(3)政治過程』(三嶺書房, 1986年)
  • 『現代日本政治小事典』(ブレーン出版, 1999年/第2版, 2001年/第3版, 2003年/第4版, 2005年)

共編著[編集]

  • (内山秀夫・河中二講武者小路公秀)『現代政治学の基礎知識』(有斐閣, 1975年)
  • 阿部斉)『現代政治学小辞典』(有斐閣, 1978年)
  • (阿部齊・高柳先男)『現代政治学小辞典・新版』(有斐閣, 1999年)