内田康夫DSミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ「副都心連続殺人事件」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内田康夫DSミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ
「副都心連続殺人事件」
ジャンル 本格推理アドベンチャー
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 角川デジックス
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人
メディア ニンテンドーDS専用カード
発売日 2009年2月26日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

内田康夫DSミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ「副都心連続殺人事件」』(うちだやすおディーエスミステリー めいたんてい・あさみみつひこシリーズ ふくとしんれんぞくさつじんじけん)は、ディースリー・パブリッシャーから2009年2月26日に発売された、ニンテンドーDSゲームソフト

概要[編集]

内田康夫の人気シリーズ小説「浅見光彦シリーズ」をオリジナルストーリーでゲーム化。タイトルにもあるように、東京メトロ副都心線が浅見たちの移動経路として頻繁に登場する。

メインシナリオ「副都心連続殺人事件」は、バッドエンドなどを含めて10個のエンディングが用意されている。そのほかに、それぞれの登場人物にスポットを当てたおまけシナリオを10本収録。

ストーリー[編集]

Y自動車社員の千川秋彦が、自宅のベッドの上で服毒死していた。警察は彼の死を自殺と判断したが、納得のいかない一人娘の真冬は浅見に父の死の調査を依頼。調査を進めていくうちに、3か月前に秋彦と同期の社員も殺されていたことが判明。彼らの遺した手がかりを追っていく浅見だったが、やがて第3の殺人が起こる。

登場人物[編集]

シリーズキャラクター[編集]

浅見光彦(羽多野渉
浅見陽一郎(声:大塚明夫
浅見雪江(声:谷育子
吉田須美子(声:小清水亜美
軽井沢のセンセ(声:小川真司
藤田編集長(声:一馬芳和

オリジナルキャラクター[編集]

カメラマン
雑誌「旅と歴史」の専属風景カメラマン。藤田編集長から浅見と一緒に千川用水の取材するよう頼まれるが、浅見と共に事件の調査をするようになる。
プレイヤーの視点となるキャラクターで、名前はゲームの最初に自由に設定可能。性別設定はできないが、男女どちらを想定しても違和感のない語り口になっている。
千川 秋彦(せんかわ あきひこ)(声:斉藤次郎
Y自動車営業部に勤務。妻には先立たれ、娘と二人暮らし。就寝前に飲む鼻炎薬に混入された毒によって死亡。
千川 真冬(せんかわ まふゆ)(声:小寺麻未
秋彦の一人娘で、事件の依頼人。父の死体の第一発見者。父の死が自殺と判断されたことに納得がいかず、浅見に調査を依頼。
中森 文宏(なかもり ふみひろ)(声:一馬芳和)
Y自動車経理部に勤務。3か月前に空き巣によって殺害される。
皆口 隆夫(みなぐち たかお)(声:金野潤
Y自動車営業部に勤務。秋彦や中森とは同期。
轟 虎之助(とどろき とらのすけ)(声:斉藤次郎)
Y自動車の常務で、皆口の上司。部下からの信頼は厚く、「ロッキー」という愛称で親しまれている。
鷹尾 笙子(たかお しょうこ)(声:原田ひとみ
タカオ電化秘書課に勤務。電車内で酔っ払いに絡まれているところを浅見たちに助けられる。浅見シリーズの大ファン。
鷹尾 琴美(たかお ことみ)(声:赤池裕美子
笙子の母親。浅見シリーズの大ファン。
鷹尾 龍彦(たかお たつひこ)(声:澤田将考
笙子の父親で、タカオ電化の社長。その割に威厳はあまりない事を自覚している。
中森 文子(なかもり ふみこ)(声:赤池裕美子)
地下鉄千川駅の売店の店員。中森の実の母親だが、彼を施設に預けたきり息子がどうしているのかを知らない。
塚本(つかもと)(声:澤田将考)
原宿警察署刑事。事件現場に現れた浅見を半ば強引に逮捕する。
友地(ともぢ)(声:金野潤)
原宿警察署の刑事。塚本と一緒に行動している若手刑事。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]