内田喜吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラオックス > 内田喜吉

内田喜吉(うちだ きよし、1931年3月15日 - )はラオックス社長東京都出身。ラオックス創業者の谷口正治とは遠縁にあたる。

1948年中央商業学校を卒業後、谷口商店に入社。同年7月には谷口電機から分離した朝日無線電機に転じる。以降、1959年常務取締役1974年専務取締役を経て、1976年にラオックスの専務取締役となる。1981年副社長に就任。1990年にはラオックスのザ・コンピュータ館の立ち上げも行っている。

1991年6月、ラオックスの2代目社長に就任。1995年6月まで4年間つとめた。

ラオックス社長を退任後は株式会社ダイエー・メディア・ソリューションズの代表取締役専務をつとめている。

参考文献[編集]

  • ラオックス株式会社編『ラオックス70年史 : 1930-2000』ラオックス、2000年10月。全国書誌番号:20345305NCID BA58329424OCLC 50126641
  • 『帝国会社役員知名人名鑑 : 関東版. 1993』帝国データバンク、1993年
  • 高橋範夫『ラオックスザ・コンピュータ館 : 「電気の街」秋葉原のいま』光栄、1995年
先代:
谷口正治
ラオックス社長
第2代:1991年 - 1995年
次代:
谷口好市