内田司馬彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 司馬彦(うちだ しばひこ 1870年(明治3年)1月20日1928年(昭和3年)12月29日)は、日本の裁判官

略歴[編集]

1870年、熊本県山本郡山本村(現・熊本市北区植木町)にて出生。

明治法律学校卒業後、佐賀、名古屋、京都などの地方裁判所検事を経て、松江、福井、鹿児島の各地方裁判所検事正を歴任。後に大審院検事となる。

1928年、死去。59歳。

参考[編集]

  • 『法律論叢 第68巻、第3~6号』(明治大学 1996)