内海聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うつみ さとる
内海聡
Gthumb.svg
生誕 1974年12月9日(41歳)
日本の旗 日本兵庫県 ?
国籍 日本の旗 日本
出身校 ?高等学校
筑波大学
職業 医師
活動期間 2000-現在
肩書き Tokyo DD Clinic院長
NPO法人薬害研究センター理事長
敵対者 笠陽一郎
配偶者
内海?(内科医)

内海 聡(うつみ さとる、1974年昭和49年)12月9日 - )は、日本の内科医漢方医[1]陰謀論[2]。自ら「キチガイ」と名乗り、医療だけでなく政治や社会の問題点に切り込んでいる[3][4]断薬のためのTokyo DD Clinicを立ち上げ、自らが理事長のNPO法人薬害研究センターに食事療法、栄養療法、東洋医学、量子力学を応用した治療法、ホメオパシー、アロマテラピー、発汗温熱療法などを導入し、反精神薬・薬害ネットワークという向精神薬に反対するネットワークも立ち上げている[5][6]

2016年、1月に新たに(株)日本再生プロジェクトを設立し、通販ショップ「うつみんのセレクトショップ♪」、伊豆の研修施設「アマービレ」、メールマガジン「うつみんのメールマガジン~あの人に聞きたい業界の舞台裏と対策~」、HP「うつみんのセレクトしたけど通販出来ない商品たち♪」、動画による通信教育「学びTV」を実践している。youtubeの動画も多数存在する。

意に反して親の強い要求で内科医となり、治らない医学の現実を突きつけられ東洋医学を学んだ[7][1]。2009年2月から意気投合した笠陽一郎の「精神科セカンドオピニオン」にかかわる[8]。2010年8月時点では西洋医学と東洋医学の融合を目指していた[9]が、2011年11月には「精神医学など存在していい代物ではない」として「笠陽一郎とその一派、この稀代の詐欺師たち」と述べ[10]、2013年5月には 『医学不要論』を出版した。日本東洋医学財団に賛同する医師として講演会を行っている[11]。3.11以後に世の中がおかしいことと医療や食の問題は同じシステムであることを主張し、多数の本を出版して多くの講演を行うようになった。

経歴[編集]

1974年兵庫県生まれ[7]

親が内科医であったが、彼は文系で歴史が好きであったために跡継ぎをするつもりもなかった[1]。親からの強い要求によって「不本意ながら」医学部に入学したが、研修時代を患者が詰めかけるような忙しい病院で過ごし、患者の訴えを聞き自分で考えることが重要であるとして、医学に熱心になった[1]。2000年に筑波大学医学専門学群を卒業し[1]、内科を専門とするようになった[7]

彼が当初胡散臭さを抱いていた漢方が、劇的に効果を表した経験から、2004年には漢方を学ぼうと東京女子医科大学附属東洋医学研究所の研究員となる[1]。翌年の2005年に東京警察病院消化器内科に勤務し、さらに翌年の2006年に牛久愛和総合病院内科・漢方科と、勤務医として過ごし、2006年に[8]漢方が得意であったため牛久東洋医学クリニックを開業する[1][12]。自著『精神疾患・発達障害に効く漢方薬』の冒頭では、自身について「私は地方のクリニックで診療するヤブ医者で、漢方の知識を少々もっているに過ぎない」とし、漢方薬をうまく活用して西洋医学と東洋医学を融合させることで、より多くの患者が救えると主張している[7]

総合病院の漢方科に所属する内科医として、精神科や心療内科から回されてくる患者を診ているころから精神科に疑問をもっていたが、書店で2008年発刊の『精神科セカンドオピニオン』[13]に出会い、誤診誤処方の疑問が解けていく感覚を感じ衝撃を受け、ウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」では漢方薬についてのアドバイスをし、そして笠陽一郎からオピニオンそのものを引き継いだ「続・セカンドオピニオン」[14]を開始することになったことを語っている[7]。一方で、別のインタビューでは、薬漬けをなんとかせねばと思っていた中、インターネットで「精神科セカンドオピニオン」というサイトを知り、笠にメールして意気投合したためサイトにかかわるようになったことを述べ、サイトでボランティアのアドバイスを行いはじめたのは、2009年2月からである[8]。2010年11月27日に「精神科セカンドオピニオン掲示板」は、内海への攻撃を契機として状況が一変し、笠陽一郎の意向により突然閉鎖された[15]

2010年8月に発行された『精神疾患・発達障害に効く漢方薬』の「東洋医随想録」にて、内海は「ビタミン剤も同じである。含まれるビタミン剤自体に大きな違いがあるわけでもなく、ビタミンの濃度が高過ぎれば、これだって危険なものとなりかねない。高額なビタミン治療の餌食となっている精神科の患者は後を絶たない」と述べている[9]。しかし後に述べるが、高濃度栄養療法を採用することになる。2011年4月には鍼灸も取り入れたり、また、薬を軽減する際に漢方薬を使うことが多いが、向精神薬を使う場合もかなりあることを述べている[1]。それが同年11月には「この世に精神医学など存在していい代物ではない」として精神科医である笠を「笠陽一郎とその一派、この稀代の詐欺師たち」と述べるまでに至った[10]

2012年4月10日の自由報道協会での記者会見は、内海と共に、サイエントロジー関連団体の市民の人権擁護の会の米田が登場し[16]、『やや日刊カルト新聞』では「サイエントロジー記者会見を主催しちゃった」として批判され、カルト問題に詳しい弁護士からは、こういうものを排除できないと問題集団のプロパガンダに利用されるようになってしまうと指摘された[17]。2012年4月に発刊された『大笑い!精神医学』の「おわりに」では、市民の人権擁護の会の米田らに「資料提供にてお世話に」なったことを謝辞している[18]。この著書では、「精神科は存在自体が悪」、「結論をひと言でいえば、精神科は不要であると断言できる」などと述べるようになっている[19]。そして同年12月の『精神科は今日も、やりたい放題』では「またサウナや岩盤浴を使って汗をかき脂肪を燃焼させて解毒する意識を持つことも大事です。なぜなら精神薬は脂溶性であり、皮下脂肪、内臓脂肪、何より脂質の塊である脳内に溶け込むからです」とある。現在はその理論を応用して、栄養療法と発汗温熱療法を組み合わせて、精神薬の減断薬に役立てている。

2012年12月には、「精神薬の断薬を目指すためのクリニック」Tokyo DDC(drug-deprivation-support-clinic)を立ち上げることを宣言し、内容としては「保険医療機関として精神薬断薬、内科薬の整頓や減断薬に特化して治療するためのクリニック」であり、栄養学、東洋医学、薬物離脱学をミックスさせるとし、併設するNPO法人の「薬害研究センター」では、(ナルコノンの)ピュアリフィケーション・プログラムを導入するといった構想を紹介した[6]。2013年3月に牛久東洋医学クリニックを閉院[20]。2013年4月2日にTokyo DD Clinic開業、NPO法人薬害研究センターを設立した[21]

「薬害研究センターの治療における主たるプログラム」として、「薬が脂溶性であることを考慮し、低温サウナによる薬物排出」を患者に実践させていることを明記しており、その根拠として「薬害研究センターでは、海外における精神薬離脱の方法を参照として、サプリメントによる高濃度栄養療法と、サウナによる発汗と脂肪燃焼法、食養プログラムが中心となります」と述べられている[22]。 2014年からは自費診療に転じ、薬の減断薬だけでなく難病、膠原病、アレルギーやアトピー、癌などの治療も行うようになっていった。

2013年4月の『心の病に薬はいらない!』では、市民の人権擁護の会とかかわりがあり、ヘロイン、コカイン、大麻、覚醒剤などの違法ドラッグを中心とする薬物から離脱することを支援する組織であるナルコノンのシステムを参考にしていることや、前著に比べてサプリメントを高く評価するようになり、Tokyo DDClinicでもナルコノンでも用いられているサプリメントを使って、一定以上のビタミンやミネラルを必要とする高濃度栄養療法に言及している[23]。また、ナルコノンのプログラムではサウナは5時間であり、カルシウムとマグネシウムときれいな油をとることを説明し、また、脂肪分解とともに何年も後に薬物が脳に影響を与えるという「薬物性フラッシュバック」を説明し、「残留薬物が再活性化すると、理由もなく過去の記憶が次々と蘇ってきたり、まさにトリップ状態に陥るのです」と説明している[24]

船井メディアの月刊CDマガジンの『JUST』2014年3月号で特集記事が掲載された[25]

現在は同クリニックとNPO法人薬害研究センターを運営する傍ら、(株)日本再生プロジェクトを新たに立ち上げ、通販ショップ「うつみんのセレクトショップ♪」、伊豆の研修施設「アマービレ」、メールマガジン「うつみんのメールマガジン~あの人に聞きたい業界の舞台裏と対策~」、HP「うつみんのセレクトしたけど通販出来ない商品たち♪」、動画による通信教育「学びTV」などを配信している。全国で講演を実施しているが、家族がハワイに移動したことをうけ、近年は講演回数が徐々に減っており、FB、ツイッター、インスタグラム、youtubeなどによる情報啓発を主として行っている。

主張[編集]

現代医療について
現代医療は、症状があればいちいち「病気」とみなして無駄に薬を処方するが、対症療法に終始して病気を本質的には治癒できず、しかも健康を悪化させる存在にすらなっていると指摘。「医学の9割は不要」と言い、必要な1割の部分に資本とマンパワーを集中すれば、国民の健康状態はよくなり、医療費削減にも寄与すると主張している[26]
Tokyo DD Clinicについて
健康保険が使えないため高額な診察費用が請求されている[27]
ワクチンについて
ワクチンは、すべて全く効かない。効かないどころか全て必ず病気が増える。独立系の研究機関の研究を見たら一目瞭然です。すべてのワクチンは無駄なんですね。じゃあ なんで こんなものが売られてるのという話なんですが。なんで こんなものが売られているのかということを皆さんに考えていただきたいということですね」と語っている[28]
向精神薬について
抗うつ薬麻薬覚醒剤は基本的に同じような物質であり、神経伝達物質に作用する神経毒であると主張している[29]
サイエントロジー教会との関係について
サイエントロジーが設立した市民の人権擁護の会[30]の講演会や船瀬俊介との対談で反精神医学の主張を行っている[31]。ただし、内海は自身のブログで、「私は市民の人権擁護の会(CCHR)の人たちとは知り合いである」とした上で、「CCHRの会員でもなければ世話人でもないし、サイエントロジーのかけらもない人間だ。というか単に無宗教なのだ」と述べている[32]
クリスマスについて
クリスマスである12月25日はキリストの誕生日ではなく、ニムロデの誕生日であり、サタニズムの人々によるすり替えが行われていて、ニムロデを崇拝させるようになっていると主張している[2]
障害者の親について
自閉症や発達障害や知的障害はこの世に存在するわけがないので、その親は一生反省してもらってけっこう、と自身のFacebookで主張した。

1. 精神医学の病名が主観だけの嘘である。
2. 自閉症や発達障害や知的障害など、一番はワクチンが生み出したものある。
3. 日々の食事や生活によりたまった脂溶性毒やミネラル毒の多くが着床時に胎児に流れるため、子どもは子宮内で身体を作り替えなならない。
4. 先住民には新生児障害や用事障害〔ママ〕 が全くといっていいほどみられず、そもそも障害が遺伝であるというのが嘘。
5. 医学や科学は上記のことを教えていない。
6. 上記のことを直視できない親/大人たちしかこの日本には残されていないため、子どもが本質的に被害を受けているという自覚が無い。障害が個性であるというのは業界がふりまいた嘘である。

内海聡、内海聡 - Facebook2015年6月16日 9:29

これに対し産婦人科医宋美玄は、

発言をみて傷ついたり、発言内容を信じてしまい、帝王切開で出産した人や障害児の親を傷つけるような人が出て来ないとも限らないので、そのようなことがないよう、産婦人科医としてはっきり否定いたします

とコメントを寄せた。さらに乙武洋匡は「うちの親にも深く反省するよう、よく言っておきます(笑) [33]」と発言した。

著書[編集]

  • 適正診断・治療を追求する有志たち編著 『精神科セカンドオピニオン2 発達障害への気づきが診断と治療を変える』 シーニュ、2010年5月14日ISBN 978-4-9903014-3-9
  • 内海聡編著 『精神疾患・発達障害に効く漢方薬 : 「続・精神科セカンドオピニオン」の実践から』 シーニュ、2010年8月24日ISBN 978-4-9903014-3-9
  • 内海聡、中村信也 『日本の「薬漬け」を斬る : 薬は万能ではない!患者は必要以上に薬を飲んでないか?』 日新報道、2011年2月15日ISBN 978-4-8174-0710-8
  • 内海聡 『精神科は今日も、やりたい放題 : "やくざ医者"の、過激ながらも大切な話』 三五館、2012年3月23日ISBN 978-4-88320-554-7
  • 内海聡 『大笑い!精神医学 : 精神医学を100%否定する理由』 三五館、2012年11月21日ISBN 978-4-88320-573-8
  • 内海聡 『児童相談所の怖い話 : あなたの子どもを狩りに来る』 三五館、2013年1月23日ISBN 978-4-88320-572-1
  • 内海聡 『心の病に薬はいらない!』 かんき出版、2013年4月10日ISBN 978-4-7612-6897-8
  • 内海聡 『医学不要論 : 全く不要な9割の医療と、イガクムラの詐術』 三五館、2013年5月22日ISBN 978-4-88320-585-1
  • 内海聡 『医者とおかんの「社会毒」研究 : 「医学不要論」の暮らし方』 三五館、2013年10月23日
  • 内海聡 『医者いらずの食』 キラジェンヌ、2013年12月13日ISBN 978-4-906913-19-0
  • 内海聡 『99%の人が知らないこの世界の秘密 : 〈彼ら〉にだまされるな!』 イースト・プレス2014年4月18日ISBN 978-4-7816-1120-4
  • 内海聡 『子どもを病気にする親、健康にする親 : 世界に満ちる毒から子どもを守れ』 マキノ出版、2014年4月15日ISBN 978-4-8376-7207-4
  • 船瀬俊介、内海聡 『血液の闇 : 輸血は受けてはいけない』 三五館、2014年7月19日ISBN 978-4-88320-616-2 - 特設サイト
  • 内海聡 『1日3食をやめなさい!』 あさ出版2014年8月9日ISBN 978-4-86063-690-6
  • 内海聡 『ソフトキリング』 三交社2014年7月28日ISBN 978-4879197160 - 山本太郎と行った対談が収録されている。
  • 内海聡監修 『「森のセラピー音」で薬いらず!病気知らず! : 副交感神経を高めてストレスに強くなる!』 世界文化社2014年8月23日ISBN 978-4-418-14422-8
  • 内海聡 『不自然な食べものはいらない : お金より命を未来に残す』 廣済堂出版2014年10月26日ISBN 978-4-331-51882-3
  • 内海聡 『歴史の真相と、大麻の正体 : この世界はどこまで嘘だらけなのか?』 三五館、2015年1月22日ISBN 978-4-88320-628-5
  • 内海聡 『放射能と原発の真実』 キラジェンヌ、2015年3月6日ISBN 978-4906913305
  • 内海聡 『[断薬]のススメ : 薬の毒を卒業するたった一つの方法』 KKベストセラーズ2015年3月14日ISBN 978-4-584-13630-0
  • 内海聡 『薬が人を殺している : 知っておきたい有害作用と解毒のすすめ』 竹書房2015年3月16日ISBN 978-4801902244
  • 内海聡 『99%の人に伝えたいこの世界を変える方法 : 〈彼ら〉を打倒せよ!』 イースト・プレス、2015年6月7日ISBN 978-4-7816-1327-7
  • 内海聡 『その「油」をかえなさい! : 今からでも、遅くない! 「油脂」をちょっと見直すだけで、体は劇的に変わっていく!』 あさ出版、2015年6月19日ISBN 978-4-8606-3787-3
  • 内海聡 『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事』 フォレスト出版2015年6月20日ISBN 978-4-8945-1669-4
  • 内海聡、 真弓定夫 『医者だけが知っている本当の話 : 薬を使わない子育て&不必要な治療』 ヒカルランド、2015年11月18日ISBN 978-4-8647-1327-6
  • 内海聡 『魂も死ぬ : 霊魂についての一考察』 三五館、2015年11月20日ISBN 978-4-8832-0653-7
  • 内海聡 『トクホを買うのはやめなさい : 医者が教える実は危ない食品』 竹書房、2015年11月24日ISBN 978-4-8019-0543-6
  • 内海聡 『睡眠薬中毒 : 効かなくなってもやめられない』 PHP研究所2016年3月16日ISBN 978-4-5698-2438-3
  • ユースタス・マリンズ 『医療殺戮』 内海聡監修、天童竺丸訳、ともはつよし社、2014年11月28日ISBN 978-4990808112

所属学会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 牛久東洋医学クリニック 内海聡院長”. QLife漢方Clinic (2011年4月19日). 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ a b 内海聡の内海塾 テーマ「陰謀論」DVDダイジェスト - YouTube”. WONDER EYES (2014年12月30日). 2015年1月2日閲覧。
  3. ^ キチガイ医の素人的処方箋 - キチガイ医(内海 聡のHN)が心療内科、精神科の問題だけでなく 医療界、社会、政治の問題点に斬り込むブログ
  4. ^ トンデモ医師の「障害児を産んだ親は反省すべき」発言が炎上 宋美玄氏に聞く、産婦人科医としての反論 ウートピ 2015.06.17
  5. ^ 反精神薬・薬害ネットワーク”. 内海聡 (2013年). 2015年1月2日閲覧。
  6. ^ a b 内海聡 (2012年12月3日). “もむか、なでるか、ひっぱるか?”. キチガイ医の素人的処方箋. 2015年3月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e 内海聡編著 2010, pp. 2-4.
  8. ^ a b c 和田努「うつ病100万人時代の憂鬱〜向精神薬に頼り過ぎるという懸念」、『健康保険』第64巻第7号、2010年7月、 62-66頁。
  9. ^ a b 内海聡編著 2010, p. 183.
  10. ^ a b 笠陽一郎とその一派、この稀代の詐欺師たち”. キチガイ医の素人的処方箋 (2011年10月16日). 2015年3月16日閲覧。
  11. ^ 関連イベント・セミナー情報”. 日本東洋医学財団. 2015年1月2日閲覧。
  12. ^ 「うつ病100万人時代の憂鬱」ではクリニックの開業は2006年と書いてある。
  13. ^ 誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち+笠陽一郎 『精神科セカンドオピニオン―正しい診断と治療を求めて』 シーニュ、2008年ISBN 978-4-9903014-1-5
  14. ^ 始めの一歩 精神科セカンドオピニオン関連のガイダンス&情報整理箱”. わらび (2009年9月8日). 2015年1月2日閲覧。
  15. ^ 続精神科セカンドオピニオンの中止について1”. キチガイ医の素人的処方箋 (2010年12月10日). 2015年1月2日閲覧。
  16. ^ 2012/04/10 自由報道協会主催 精神医療被害の実態報告とその改善を求める記者会見”. IWJ Independent Web Journal. 2015年3月16日閲覧。
  17. ^ 「サイエントロジー記者会見」を主催しちゃった自由報道協会(1)”. やや日刊カルト新聞 (2012年4月20日). 2015年3月16日閲覧。 / 「サイエントロジー記者会見」を主催しちゃった自由報道協会(2)”. やや日刊カルト新聞 (2012年4月20日). 2015年3月16日閲覧。
  18. ^ 内海聡 2012a, p. 221.
  19. ^ 内海聡 2012a, pp. 168, 184.
  20. ^ 院長あいさつ”. 牛久東洋医学クリニック. 2013年6月2日閲覧。
  21. ^ プロフィール”. 薬害研究センター. 2013年6月2日閲覧。
  22. ^ 具体的な活動内容”. 薬害研究センター. 2015年3月16日閲覧。
  23. ^ 内海聡 2013a, pp. 6, 151.
  24. ^ 内海聡 2013a, pp. 164-165.
  25. ^ JUST 2014年3月号”. 船井メディア. 2015年1月2日閲覧。
  26. ^ 竹中秀二 (2013年6月2日). “【ベストセラー健康法】医学の9割は必要なし! 健康を悪化させる「現代医学」を糾弾”. zakzak. 2013年6月13日閲覧。
  27. ^ 具体的な診療の流れ”. Tokyo DD Clinic. 2015年1月3日閲覧。
  28. ^ 内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」ダイジェスト版 2014年4月 - YouTube”. ワールドフォーラム (2014年4月). 2015年1月1日閲覧。
  29. ^ 「日本で起こっている精神薬の薬害について」医師 内海先生 - YouTube” (2012年3月4日). 2015年1月3日閲覧。
  30. ^ 市民の人権擁護の会”. サイエントロジー. 2013年5月12日閲覧。
  31. ^ CCHR長野支部のブログ
  32. ^ 内海聡 (2011年8月19日). “キチガイ医の素人的処方箋 市民の人権擁護の会とアノニマス”. 内海聡. 2013年5月12日閲覧。
  33. ^ Twitter / 乙武 洋匡 (2015年6月18日10:58)

関連項目[編集]

  • 船瀬俊介 - 環境・医療問題のジャーナリスト、陰謀論者
  • 由井寅子 - ホメオパシー研究家
  • 山本太郎 - 俳優、政治家、反原発論者
  • 近藤誠 - 抗がん剤治療、がんの放射線治療を否定している医師

外部リンク[編集]