内池廉吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内池 廉吉(うちいけ れんきち、1876年 - 1949年)は日本商学者、財政学者神戸高等商業学校(現神戸大学)教授や東京商科大学(現一橋大学)教授を務めた。日本におけるマーケティングの紹介者としても知られる[1]倉庫論、市場論、財政学などを研究した。

人物・経歴[編集]

現在の福島県福島市で醤油醸造業内地家に生まれる。1899年高等商業学校(のちの東京高等商業学校、現一橋大学専攻部卒業。商業教員養成所講師を経て、1902年に神戸高等商業学校(現神戸大学)が設立されると、同校教授に就任。1906年から2年間イギリスフランスドイツに自費で留学した。1915年から文部省によりアメリカ合衆国に留学する。1919年から東京高等商業学校教授、翌20年から大学に昇格した東京商科大学(現一橋大学)教授を務め、担当者が定まらず他校に比べて遅れていた財政学を1934年頃まで継続して担当し、その後の一橋大での財政学研究の基礎を築いた。1937年定年退官。門下に「市場論」を継いだ深見義一や、「財政学」を継いだ井藤半彌がいる[2][3][4][5][6]。また神戸高商で出光佐三出光興産創業者)に「商業概論」を講じ大きな影響を与えたことでも知られ、のちに弟の出光計助(出光興産第2代社長)の東京商大でのゼミの指導教官も務めた。他に川又克二(元日産自動車社長)、庭野正之助(元日本鉱業(現JXTGホールディングス)社長なども内池ゼミ出身[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ 井徳正吾『マーケティングリサーチ』
  2. ^ 「出光佐三の理念と神戸高等商業学校の教育者」産業研究(高崎経済大学産業研究所紀要)第50巻第1号
  3. ^ 元東京商科橋大学附属商学専門部教授安藤春夫「内池廉吉先生の人となりと学風」一般社団法人如水会
  4. ^ 田内幸一「一橋のマーケティングの系譜」一般社団法人如水会
  5. ^ 一橋大学経済学部教授大川政三「一橋財政学の伝統と新視点」一般社団法人如水会
  6. ^ 「内池廉吉」一橋大学
  7. ^ 木本正次『士魂商才の経営者出光佐三語録』
  8. ^ 1994/01/10, 日本経済新聞