内村周子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内村周子 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1962-04-28) 1962年4月28日
故郷 長崎県
種目 女子体操競技
学歴 純心女子高等学校長崎県立女子短期大学(現長崎県立大学
テンプレートを表示

内村周子(うちむら しゅうこ、1962年4月28日 - )は、日本体操競技選手、指導者。体操競技選手の内村航平は長男で、孫も2人いる。

来歴[編集]

長崎県出身[1]。9歳からバレエ、14歳から体操を習い、純心女子高等学校で体操部に所属した[1]長崎県立女子短期大学体育科時代には、九州学生体操競技選手権大会で優勝する[1]。卒業後、体操指導者の内村和久と結婚[1]諫早市の自宅に体操教室を開き、航平も3歳のときからこの教室で指導した[2]。長女の内村春日も日本体育大学在学中の2011年に全日本学生体操競技選手会で個人総合優勝を達成し[3]、「体操一家」とも呼ばれる[4]。2014年の第69回国民体育大会では長崎県の体操成年女子チームの監督を務めた(和久は成年男子の監督)[4]

2014年9月の第47回体操全日本シニア選手権に出場、21位(50歳以上の部ではトップ)の成績であった[1][5][6]

メディア出演[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

  • ニッピ『ニッピコラーゲン100』[7] 「走ろう100まで しなやか篇」「走ろう100まで 夫婦篇」(2016年 - )

著書[編集]

  • 『自分を生んでくれた人 内村航平の母として』祥伝社、2012年

脚注[編集]

関連項目[編集]