内山英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内山 英明(うちやま ひであき、1949年-2014年4月14日)は、日本の写真家

経歴[編集]

静岡県菊川市生まれ。1976年東京総合写真専門学校中退。全国を周って旅役者傀儡子の写真を撮り続ける。1981年『アサヒグラフ』誌上で連載を開始し、若手の作家音楽家などの肖像写真を撮影。特に俵万智は『サラダ記念日』刊行前から撮り続けていた。1993年より東京の地下施設に惹かれるようになり、国内都市の地下世界を撮影、「地下写真」のムーブメントを起こす。2000年『JAPAN UNDERGROUND 地下の迷宮 II」で伊奈信男賞、2006年『Japan underground 3』などで土門拳賞受賞。

2014年4月14日午前2時頃、脳出血のため川崎市の自宅で死去。65歳没。

写真集など[編集]

  • 『島国へ帰る』吉岡忍 徳間書店 1989
  • 『俵万智 等身大の青春 内山英明写真集』深夜叢書社 1989
  • 『ふるさとの風の中には 詩人の風景を歩く』俵万智 河出書房新社 1992
  • 『都市は浮遊する』吉岡忍文 講談社 1993
  • 『いつか晴れた海で エイズと平田豊の道程』吉岡忍文 読売新聞社 1994
  • 『Japan underground. 2』アスペクト 2003
  • 『Japan underground. 3』アスペクト 2005
  • 『東京デーモン』アスペクト 2005
  • 『トーキョー・アンダー』杉江松恋文 グラフィック社 2006
  • 『東京エデン』アスペクト 2007
  • 『Japan underground. 4』アスペクト 2008

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]