内山勝利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内山 勝利(うちやま かつとし、1942年1月31日 - )は、西洋古典学者、ギリシア哲学研究者、京都大学名誉教授。古代ギリシア哲学専攻。

内山 勝利
人物情報
生誕 (1942-01-31) 1942年1月31日(77歳)
出身校 京都大学
学問
研究分野 西洋古典学ギリシア哲学
研究機関 京都大学
学位 文学修士[1]
学会 日本西洋古典学会日本哲学会、関西哲学会[1]
公式サイト
京都大学西洋古代哲学史研究室
テンプレートを表示

来歴[編集]

1967年京都大学文学部哲学専修卒、1975年同大学院博士課程中退、藤沢令夫に師事する。関西大学助教授、1988年京大文学部助教授、教授、2005年定年退官し名誉教授。日本西洋古典学会委員長(第9代、2004年6月~10年6月)も務めた。

2008年『哲学の歴史』で毎日出版文化賞を共同受賞

著書[編集]

  • 『哲学の初源へ ギリシア思想論集』世界思想社 2002
  • 『対話という思想 プラトンの方法叙説』岩波書店 2004
  • 『ここにも神々はいます』岩波書店 2008
  • 『プラトン「国家」 逆説のユートピア』岩波書店 2013

共編[編集]

訳・共訳[編集]

  • R・S・ブラック 『プラトン入門』(岩波文庫、1992)
  • ガレノス 『自然の機能について』 (種山恭子共訳、京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、1998)
  • トーマス・A.スレザーク『プラトンを読むために』(丸橋裕、角谷博共訳、岩波書店、2002)
  • ガレノス 『ヒッポクラテスとプラトンの学説 (1)』、※同(2)は未刊
    木原志乃共訳。京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、2005
  • G.S.カーク、J.E.レイヴン、M.スコフィールド 『ソクラテス以前の哲学者たち』
    木原志乃、國方栄二、三浦要、丸橋裕共訳。京都大学学術出版会 2006
  • クセノポン 『ソクラテス言行録』(メモラビリア)(京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、2011)
    同(2)は未刊。「饗宴」、「ソクラテスの弁明」、「家政論」を収録予定

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 内山 勝利”. researchmap. 2018年10月5日閲覧。