内外切抜通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社内外切抜通信社
Naigai Pressclipping Bureau,ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
169-0072
東京都新宿区大久保3-14-4
毎日新聞社早稲田別館
設立 1968年(創業1939年)
業種 情報・通信業
法人番号 1011101015281 ウィキデータを編集
事業内容 新聞・雑誌・WEBのクリッピングサービス、リサーチ、分析業務
代表者 近藤義昭
資本金 1000万円
従業員数 93名
決算期 3月
外部リンク http://www.naigaipc.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社内外切抜通信社(ないがいきりぬきつうしんしゃ)は、東京都新宿区に本社を置く、メディアモニタリング、広報効果測定、分析をおこなう会社である。

概要[編集]

1939年(昭和14年)創業。依頼されたテーマに合致する記事を人の目で探してクリッピングしている。 新聞雑誌、WEB、TV、SNSなど様々なメディアからの情報収集・分析を行う。

日本広報学会の学会誌「広報研究」(2013年3月発行 第17号)に「広報効果測定におけるTwitter活用の可能性について」が掲載されている [1]

沿革[編集]

  • 1939年昭和14年)- 「ざつなう社海外研究会」(「内外切抜通信社」の前身)発足。
  • 1940年(昭和15年)- 「国際切抜社」に社名を変更。
  • 1968年(昭和43年)- 「内外切抜通信社」発足。「パンアジア通信社」が「内外切抜通信社」となる。
  • 1972年(昭和47年)- 毎日新聞社と業務提携。
  • 1976年(昭和51年)- 「セントラルサービス社」と合併。
  • 1994年平成6年)- 「岩本通信社」の業務を引き継ぐ。
  • 1995年(平成7年)- 広告換算業務を開始。
  • 2008年(平成8年)- 毎年3月1日を「切抜きの日」[2]として登録。
  • 2009年(平成21年)- WEBニュースクリッピング業務を開始。
  • 2012年(平成24年)- Twitterクリッピング業務を開始。
  • 2016年(平成28年)- 池上彰佐藤優 著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社出版)で紹介される。
  • 2018年(平成30年)- 『サイゾー』3月号に「創業70年の歴史を持つ「内外切抜通信社」って、どんな企業!?」掲載[3]
  • 2019年(平成31年)-講談師神田松鯉が社内見学のため来社。同じ年の7月には、神田松鯉のインタビュー記事や社内見学の様子・会社紹介のタイアップ広告を「毎日新聞デジタル」に掲載。

[4]

サービス内容[編集]

  • 新聞雑誌クリッピング
  • WEBニュースクリッピング
  • クチコミ(SNS)クリッピング
  • 広報効果測定・広告換算・分析
  • 食品情報サイト「TABENAVI [たべなび]」の運営

加盟団体[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 広報効果測定における Twitter 活用の可能性について”. 広報研究 (2013年3月1日). 2013年3月1日閲覧。
  2. ^ 1890年(明治23年)3月1日に日本で初めてのクリッピング会社「日本諸新聞切抜通信」が発足したことを記念して登録。
  3. ^ http://www.cyzo.com/2018/02/post_151730_entry.html
  4. ^ 切抜き会社の歴史”. 2016年2月1日閲覧。

出典[編集]

外部リンク[編集]