内堀優一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内堀 優一(うちぼり ゆういち、1981年5月5日 - )は、日本劇作家ライトノベル作家。長野県出身。

桐朋学園大学短期大学部芸術科(現・桐朋学園芸術短期大学)演劇専攻在学中に寺島ユウヤと共同で劇団演劇プロデュース団体「演劇企画ハッピー圏外」を結成し、2002年に「師走の風、またはカノン」で旗揚げ公演を実施。以後「ハッピー圏外」の全上演作品で脚本を担当している。

2008年金子兼子(かねこ かねこ)のペンネームで第3回ノベルジャパン大賞ホビージャパン主催)に投稿した「オセロー」が奨励賞を受賞[1]。同作は改稿を経て「笑わない科学者と時詠みの魔法使い」の表題で2010年HJ文庫より刊行された。その際、編集者との協議により筆名を本名に統一している[2]

作品一覧[編集]

年次は初演年。演劇作品は「師走の風、またはカノン」を除き演出も担当している。

脚本[編集]

  • 師走の風、またはカノン(2002年)
  • choose the proper time(2004年
  • 僕らは世界に片目をとじて…(2005年
  • またねと君は言った、でもサヨウナラ(2006年
  • 今はただ遠くからありふれた歌を-(2006年)
  • ニコニコさんが泣いた日(2006年、2010年再演)
  • 今、此処より、明るい夜をこえて(2007年
  • 石の音 -キミノコエ-(2007年)
  • この道の果て、花の咲く場所(2007年)
  • あと少しだけ、このやさしい時間を(2008年)
  • 陽だまりのカンバス(2009年
  • 今、此処より、明るい夜をこえて(2009年)
  • 音無村のソラに鐘が鳴る(2011年)
  • 落葉の丘に星の花咲く(2011年)
  • 思いは願いのうそとなり (2012年 5月)
  • 砂のカケラを取りに行く (2012年 11月)
  • 割れて砕けてキラキラ落ちる (2013年 5月予定)
  • 君が行く先に光がさすように(2013年 11月)
  • 宵闇よりも速く駈けて (2014年 5月)
  • 今はただ遠くからありふれた歌をー (2006年 2014年9月再演予定)
  • バーナード嬢曰く。 (テレビアニメ、2016年 10月)
  • 捏造トラップ-NTR- (テレビアニメ、2017年)

小説[編集]

  • 笑わない科学者と魔法使いシリーズ(HJ文庫、2010年4月 - 2010年12月、全3巻)
  • 吼える魔竜の捕喰作法(バルバクア)(HJ文庫、2012年1月 - 2013年2月、全5巻)
  • ラブコメ圏外(HJ文庫、2012年10月、単巻)
  • グラウスタンディア皇国物語(HJ文庫、2013年10月 - 2016年1月、全8巻(1~7巻+0巻))
  • 暁のイーリス(Novel 0、2016年3月、単巻)
  • 勇者は、奴隷の君は笑え、と言った(Novel 0、2017年3月、単巻)
  • 新宿コネクティブ(HJ文庫、2017年4月 - 、既刊2巻)
  • あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!(HJ文庫、2017年8月 - 、既刊2巻)

Web小説[編集]

  • いつか君の木陰の下で (演劇企画ハッピー圏外 公式サイトにて2011年5月より開始)
  • ごはんだよヘポーちゃん(読める!HJ文庫にて2015年5月より開始)
  • 運び屋椿(矢立文庫 2018年1月)

脚注[編集]

  1. ^ 第3回ノベルジャパン大賞 結果発表
  2. ^ 「笑わない科学者と時詠みの魔法使い」あとがき参照。

外部リンク[編集]