内ヶ崎贇五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内ヶ﨑贇五郎から転送)
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「内ヶ﨑贇五郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
うちがさき うんごろう
内ヶ﨑 贇五郎
生誕 (1895-09-25) 1895年9月25日
宮城県黒川郡富谷町(現・富谷市
死没 (1982-09-22) 1982年9月22日(86歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学工学部
職業 電力事業者
活動期間 1951年(昭和26年) - 1982年(昭和57年)
受賞 宮城県仙台市名誉市民

内ヶ﨑 贇五郎(うちがさき うんごろう 1895年(明治28年)9月25日1982年(昭和57年)9月22日)は、日本実業家

経歴・人物[編集]

宮城県黒川郡富谷町(現・富谷市)出身。旧制第二高等学校を経て東京帝国大学工学部電気工学科卒業。

1919年(大正8年)に大阪電燈に入社。以後、一貫して電力事業に係わる。第二次世界大戦時に設立された日本発送電の東北支店長を務めた。

1951年(昭和26年)5月1日、第二次世界大戦後の電力事業再編に伴う、日本発送電の解体・分割・民営化に伴い設立された東北電力の初代社長に就任。1960年(昭和35年)まで務めた。社長時代には八戸火力発電所建設を始めとする東北地方の電源開発に力を入れた。

社長引退後も東北電力名誉顧問を務め、東北財界の長老として重きをなした[1]

1982年(昭和57年)9月22日逝去。86歳没。

役職[編集]

  • 東北電力社長(初代)
  • 仙台法人会(現:仙台中法人会)会長(初代)
  • 東北開発審議会会長
  • 東北六県商工会議所連合会会長
  • 産業計画会議委員

賞詞[編集]

  • 宮城県仙台市名誉市民[2]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内ケ崎贇五郎とは - コトバンク
  2. ^ 仙台市名誉市民 - 宮城県仙台市