内に秘めた炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内に秘めた炎
マハヴィシュヌ・オーケストラスタジオ・アルバム
リリース 1971年8月14日
ジャンル フュージョン
時間 45分30秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース マハヴィシュヌ・オーケストラ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
マハヴィシュヌ・オーケストラ 年表
内に秘めた炎
(1971年)
火の鳥
(1973年)
テンプレートを表示

内に秘めた炎』("The Inner Mounting Flame"、直訳は、「高まっていく内なる炎」)は、マハヴィシュヌ・オーケストラの最初のスタジオ・アルバム。1971年に発表され、全曲ジョン・マクラフリンの作曲になる。

「ユーノウ、ユーノウ」は、マッシヴ・アタックの「ワン・ラヴ」、モス・デフの「カリフォルニア」、ブラック・シープのシングル「シミラック・チャイルド」、デヴィッド・シルヴィアンの「アイ・サレンダー」(アルバム"Dead Bees on a Cake"収録)、セシル・オターの「リベル・イエロー」、ブラゼイ・ブラゼイの「イントロ」などで、サンプリングされて使用されている。

「ヌーンワード・レース」のイントロは、フルバンド用に書かれたもので、アルバムで聴かれるようなギターとドラムのデュオとして作曲されたものではなかった。この作品の録音中に、リック・レアードとジェリー・グッドマンの間にあったわだかまりが、いよいよ口論となって具体化し、彼ら二人がヤン・ハマーを殴り、彼のキーボードの上で取っ組み合いをすることになってしまった。マクラフリンとビリー・コブハムは、大喧嘩の始まりから終わりまでの間、フルボリュームで演奏を続け、できあがりに大変満足したマクラフリンは、レアード、グッドマン、ハマーに、曲の後半でコブハムのドラムソロにバッキングをつけている間は外に出ているよう指示したのである。

このアルバムのリマスター盤は、CDで、1998年にソニー・ミュージック・エンタテインメントから発表された。LPジャケットの表面の複写を使用し、多数のバンドの写真といっしょにボブ・ベルデンの新しいライナーノーツが添付された。

本作はBillboard 200で89位、『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートで11位に達した[1]

収録曲[編集]

全曲ジョン・マクラフリンによる作曲。

  1. "Meeting of the Spirits" – 6:52
  2. "Dawn" – 5:10
  3. "The Noonward Race" – 6:28
  4. "A Lotus On Irish Streams" – 5:39
  5. "Vital Transformation" – 6:16
  6. "The Dance of Maya" – 7:17
  7. "You Know You Know" – 5:07
  8. "Awakening" – 3:32

パーソネル[編集]

脚注[編集]