兵部卿物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

兵部卿物語』(ひょうぶきょうものがたり)は、鎌倉時代後期に成立した擬古物語。作者不詳。全1巻。兵部卿宮と按察使の君の悲恋物語。

文永8年(1271年)に成立した『風葉和歌集』に所見がないことから、それ以後の成立と思われる。他の多くの擬古物語と同様に『源氏物語』の強い影響下にあるが、女性の出家遁世を賞賛する点でより中世的色彩が濃い。

粗筋[編集]

今上帝の第2皇子である兵部卿宮は、従妹の式部卿宮姫君にかなわぬ想いを寄せていた。ある日、兵部卿宮は式部卿宮姫君によく似た女(按察使大納言女)を見初め、身分と名前を偽って契りを結ぶ。その後、式部卿宮姫君は斎院となり、失恋に嘆く兵部卿宮は右大臣の姫君と政略結婚する。一方、女は右大臣の姫君に女房として出仕し「按察使の君」と呼ばれるが、そこで兵部卿宮と再会して宮の正体を知る。兵部卿宮は按察使の君と忍ぶ仲になるが、按察使の君は悩んだ末に嵯峨野に逃げて出家し、宮の追跡を逃れて栂尾に行き、仏道修行に専念する。

参考文献[編集]

  • 大曾根章介ほか編『研究資料日本古典文学』第1巻、明治書院、1983年
  • 日本古典文学大辞典編集委員会編『日本古典文学大辞典』、岩波書店、1983年