兵藤裕己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

兵藤 裕己(ひょうどう ひろみ、1950年10月3日 - )は、日本中世文学、芸能研究者、学習院大学教授。

経歴[編集]

愛知県生まれ。1975年京都大学文学部国文科卒、1984年東京大学国文科大学院単位取得満期退学、埼玉大学専任講師、86年助教授、93年教授、96年成城大学文芸学部教授、2001年学習院大学文学部教授。1996年『太平記<よみ>の可能性』でサントリー学芸賞、2001年「平家物語の歴史と芸能」で東大文学博士。2002年『<声>の国民国家・日本』でやまなし文学賞受賞。

平家物語』の語り物としての性格から研究を始め、近代文学まで射程を延ばして、文芸における声の役割について論じる。批評家風の大胆な仮説を特徴とする。

著書[編集]

  • 『語り物序説 「平家」語りの発生と表現』有精堂出版 1985
  • 『王権と物語』青弓社 1989/岩波現代文庫(増訂版) 2010
  • 『太平記<よみ>の可能性 歴史という物語』講談社選書メチエ 1995/講談社学術文庫 2005
  • 『平家物語 <語り>のテクスト』ちくま新書 1998/『平家物語の読み方』 ちくま学芸文庫(改訂版) 2011
  • 『<声>の国民国家・日本』日本放送出版協会〈NHKブックス〉 2000/講談社学術文庫 2009
  • 『平家物語の歴史と芸能』吉川弘文館 2000
  • 『物語・オーラリティ・共同体 新語り物序説』ひつじ書房 2002
  • 『演じられた近代 〈国民〉の身体とパフォーマンス』岩波書店 2005
  • 琵琶法師 <異界>を語る人びと』岩波新書 2009
  • 後醍醐天皇』岩波新書 2018

校注[編集]

  • 太平記』 岩波文庫(全6巻)、2014-2016 

参考[編集]