兵庫県立西はりま天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

兵庫県立西はりま天文台(ひょうごけんりつにしはりまてんもんだい)は 、兵庫県佐用郡佐用町にある公開天文台の2012年3月までの名称。2012年4月より兵庫県立大学自然・環境科学研究所に移管され、2014年4月現在は「兵庫県立大学西はりま天文台」[1]

天体観望会は毎夜開催され、参加者は公園内の宿泊施設利用等で深夜の天体観望ができる。天文講演会等なども随時開催されている。隕石等がホールに展示され、見学は自由。

施設概要[編集]

  • 施設種別:天文台・観測ドーム・観測棟、宇宙・天文展示、屋外展示、学校教育支援施設、生涯学習施設、研究機関
  • 公開内容:施設見学、天体観望会、天文講演会、天文関連イベント、大学教育、研究活動

沿革[編集]

  • 1990年 - 北館を中心として公開天文台として開所。
  • 2001年4月 - 大型望遠鏡計画スタート。
  • 2004年10月 - 国内最大かつ一般公開用としては世界最大の反射式天体望遠鏡「なゆた」のファーストライト
  • 2004年11月 - 「なゆた」の一般公開利用、および、研究利用への供用を開始。
  • 2016年2月 - 「なゆた」の2m鏡を再蒸着によりリフレッシュ[2]

教育研究業務活動[編集]

  • 大学教育活動:兵庫県立大学として、大学教育を実施。
  • 観測研究支援活動:観測研究を行う大学等へ施設の利用を開放することで実施。
  • 教育支援活動:学校理科教育における、施設の利用を開放することで実施。
  • 普及活動:天文学への理解を深めるため、施設の利用を開放することで実施。

施設・機器[編集]

  • 天文台南館 - 大型反射式天体望遠鏡「愛称:なゆた」を用いた研究等も実施できる施設として運用が行われている[3]
    • 口径200cm反射式天体望遠鏡「なゆた」(三菱電機製)
      • 性能
        • 有効口径2000ミリ
        • 主口径2050ミリ
        • 主鏡F比:1.5
        • 光学系:リッチークレチアン式
        • 主鏡素材:ULE低膨張ガラス(ドイツ:ショット社製、研磨は、フランス:サジェム社、コーティングはスペイン:カラ・アルト天文台)
        • カセグレイン焦点:合成F比12
        • ナスミス焦点1、2:合成F比12
        • 観測波長:可視光~近赤外(K-Band)
        • 架台:経緯台方式
        • 駆動方式:フリクションドライブ
        • 架台制御:全自動式
        • 観測装置(ナスミス焦点1):高感度カラーカメラ(HIVISCAS)。
        • 観測装置(ナスミス焦点2):可視光分光器(MALLS)
        • 観測装置(カセグレイン焦点1):可視光撮像装置(MINT)[4]
        • 観測装置(カセグレイン焦点2):3色同時近赤外カメラ(NIC)
        • 観測装置(カセグレイン焦点2):可視光ターゲット観測システム(VTOS)
    • スタディールーム(120人収容、70インチビデオプロジェクター、ピアノ)
    • 研究室:
    • 望遠鏡制御室:ドーム施設、および、望遠鏡は、コンピュータによる完全自動制御が可能。
    • 望遠鏡観測室:望遠鏡の見学も可能。
  • 天文台北館
    • 口径60cm反射望遠鏡
      • 性能
        • 有効口径600ミリ カセグレイン式
        • 合成焦点距離:7200ミリ
        • 口径比:F12
        • 架台:フォーク型赤道儀式
        • 観測装置:低分散分光器(NILS)、光電測光器、CCDカメラ、IIカメラ等
        • 同架望遠鏡:350ミリ シュミットカセグレイン式
    • スタープラザ
      • 口径15cm屈折望遠鏡、
      • 口径10cm 大型双眼鏡
  • 太陽望遠鏡「キラキラとんぼ」
  • サテライトドーム(貸出用天文台)
    • サテライトA:ドーム径=3.0m、ミカゲ光器 口径26cm反射望遠鏡
    • サテライトB:ドーム径=2.5m、高橋製作所 口径18cm反射望遠鏡
    • 休憩所
  • ファミリードーム
    • マゼランWHITEY DOB 30cm/F5 ニュートン反射鏡
  • 電波望遠鏡
    • 太陽バースト電波望遠鏡12GHz(BSアンテナを活用)
    • 38MHzリオメータ
    • 22MHZリオメータ
  • 貸出用望遠鏡

所在地[編集]

  • 〒679-5313 兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天文台公式キャラクター「ほしまる」による2014年4月7日のツイート
  2. ^ なゆた望遠鏡の2m鏡がきれいになりました!西はりま天文台
  3. ^ 最近、三菱電機のホームページで、開発に関する資料が公開される
  4. ^ カセグレイン焦点は、ターレット式のため、2台の装置を切り替えて観測が可能。

外部リンク[編集]