兵庫県立山崎高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兵庫県立山崎高等学校
Hyogo Prefectural Yamasaki High School.JPG
過去の名称 山崎町立技芸専修女学校
→宍粟郡立宍粟実業学校
→兵庫県立山崎高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 兵庫県
学区 第4学区
校訓 希望・英知・敬愛
設立年月日 1907年明治40年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
森林環境科学(林業)科
生活創造(家政)科
学期 3学期制
高校コード 28185K
所在地 671-2570
兵庫県宍粟市山崎町加生340
北緯35度0分35秒東経134度31分49.3秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

兵庫県立山崎高等学校(ひょうごけんりつ やまさき こうとうがっこう)は、兵庫県宍粟市にある県立高等学校である。

概要[編集]

旧制山崎高等女学校の流れをくむ、伝統ある高校である。普通科は第4学区に属しており、森林環境科と生活創造科は県下全域から出願が可能である[1]。通称、山高(やまこう)。

沿革[編集]

  • 1907年明治40年) 山崎町立技芸専修女学校として創立。
  • 1919年大正8年) 宍粟郡立宍粟実業学校と改称。
  • 1923年(大正12年) 県営に移管し、兵庫県立山崎高等女学校と改称。 
  • 1948年昭和23年) 学制改革に伴い、兵庫県立山崎高等学校となる。普通科・家庭科を設置。さらに定時制課程として神戸・西谷・千種の3分校を設置。
  • 1949年(昭和24年) 林業科を設置。
  • 1951年(昭和26年) 定時制課程三方分校設置。
  • 1957年(昭和32年) 西谷分校が波賀分校と改称。
  • 1961年(昭和36年) 神戸・波賀・三方の3分校を統合し伊和分校設置。
  • 1962年(昭和37年) 伊和・千種の両分校が全日制課程に移行。
  • 1964年(昭和39年) 伊和分校が兵庫県立伊和高等学校として独立。
  • 1975年(昭和50年) 千種分校が兵庫県立千種高等学校として独立。

特色[編集]

  • 普通科内から希望者を選抜した特進科が設けられている。
    • 特進科は総合文コース、総合理コースに別れ、その他の普通科は理系、文系(日本史)、文系(地理)に別れて学ぶ。
  • 1年次は普通科と特進科(おもに放課後の補習)に別れる。
  • 2年次は普通科の生徒を希望により類型化し、文系、理系、総合系の3コースから選んで学ぶ。
  • クラス替えは二年生への進級時のみ。
  • 体育時に独特の山崎高校体操がある(山高体操と呼ぶ)。

部活動[編集]

運動部
野球、男子バスケット、女子バスケット、男子ソフトテニス、女子ソフトテニス、男子柔道、女子柔道、男子卓球、女子卓球、男子バレー、女子バレー、サッカー、男子ソフトボール、女子ソフトボール、男子剣道、女子剣道、陸上競技、水泳、スキー、バドミントン
文化部
吹奏楽、合唱、華道、箏曲、美術、食物、文芸、演劇、写真、書道、茶道、測量、ともしび、ESS、ギター、科学、囲碁・将棋

いじめの対応[編集]

本校では早期発見のため、アンケート調査を必要と判断した場合に実施している[2]

出身者[編集]

アクセス[編集]

  • 神姫バス 山崎待合所より西へ約1.5km。徒歩約20分。
  • 神姫バス 山崎待合所より[千種]または[西河内]行きに乗車。「加生山崎高校前」バス停で下車後、徒歩5分。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 兵庫県教育委員会 兵庫県公立高等学校の通学区域
  2. ^ 山崎高校いじめ対応基本方針 (PDF)”. 2015年8月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]