共進町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 関東地方 > 神奈川県 > 横浜市 > 南区 > 共進町
共進町
共進町の位置(横浜市内)
共進町
共進町
北緯35度25分57.4秒 東経139度36分52.2秒 / 北緯35.432611度 東経139.614500度 / 35.432611; 139.614500
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 神奈川県
市町村 横浜市
南区
面積
 • 合計 0.062km2
人口
2018年平成30年)3月31日現在)[1]
 • 合計 1,602人
 • 密度 26,000/km2
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
232-0015[2]
市外局番 045
ナンバープレート 横浜

共進町(きょうしんちょう、: Kyōshin-chō)は横浜市南区の町名。住居表示未実施で、字丁目として1 - 3丁目が設けられている[3]郵便番号は232-0015。

沿革[編集]

1928年昭和3年)9月1日に中区南吉田町字西川外と蒔田町字堂面・廻り坪・六反目・榎坪・居尻・三反田・門田の各一部から新設され、1~3丁目の字丁目が設けられた[4]。町名は、1913年大正2年)に当地で横浜勧業共進会が開催されたことを記念してつけられた[5]1943年に中区から南区が分離した事により、南区共進町となる。1945年5月の横浜大空襲では町の一部が被災した[6]

地理[編集]

鎌倉街道神奈川県道21号横浜鎌倉線)の南側に北東 - 南西に細長い町域を持ち、北東が1丁目となっている。北西の宮元町、南東の東蒔田町榎町に挟まれ、南西は蒔田町、北東は中村川首都高速を挟み新川町に接している。横浜市立共進中学校は、隣接する東蒔田町に位置する。全域が標高2~5mの低地で、人口密集地であるが高層住宅は少ない。1丁目と2丁目の境に蒔田商店街がある[7]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

番地 小学校 中学校
共進町1丁目 横浜市立日枝小学校 横浜市立共進中学校
共進町2・3丁目 横浜市立蒔田小学校 横浜市立蒔田中学校

人口[編集]

世帯数・人口[表注 1]
世帯数 人口 面積[表注 2]
共進町1丁目 453 860
共進町2丁目 264 421
共進町3丁目 193 321
910 1,602 0.062
南区計 106,359 199,069 12.629
  1. ^ 南区町別世帯と人口(2018年3月31日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)”. 横浜市統計ポータルサイト (2018年3月31日). 2018年4月26日閲覧。
  2. ^ 平成12年国勢調査結果町別人口指標(Microsoft Excel)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南区町別世帯と人口(2018年3月31日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)”. 横浜市統計ポータルサイト (2018年3月31日). 2018年4月26日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年4月26日閲覧。
  3. ^ 横浜市南区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2010年11月19日閲覧
  4. ^ (南区の歴史 1976, p. 468)
  5. ^ (市民局 1996, p. 85)
  6. ^ (角川 1984, p. 330)
  7. ^ (角川 1984, p. 1051)
  8. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年4月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 南区の歴史発刊実行委員会『南区の歴史』、1976年3月30日。
  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』角川書店、1984年6月8日。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課『横浜の町名』、1996年12月。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』昭文社、2011年、第5版6刷。ISBN 978-4-398-62414-7