共通テスト痴漢祭り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

共通テスト痴漢祭りは、毎年1月中旬に行われる大学入学共通テストの直前に、受験生(主に女子高生)への痴漢予告がインターネット上で多発する様子を表した用語である[1][2]。試験に遅刻できない受験生の心理につけ込み、警察に通報されないと踏んでの犯罪予告とみられ、実際の被害も確認されている[1][3]

2020年以前は「センター試験痴漢」と呼ばれ[4][5][注 1]、例えば2020年には悪辣な書き込みが1,000件以上確認された[3]

事例[編集]

書き込み例[編集]

  • 「明日はJK(女子高校生)を痴漢しまくっても通報されない日です」[1]
  • 「入試は遅刻厳禁だから、女子高生を痴漢し放題」[6]
  • 「センター試験は絶好の痴漢日和です!受験生は試験に間に合わないと困るので、声を上げないから痴漢し放題」[4]

被害報告例[編集]

  • 「(以前も)友達が試験当日に痴漢に遭った」[1]
  • 「怖くて悔しくて混乱して、答案に向かっても鉛筆を持つ手の震えが止まらなかった」[4]
  • 「試験に大遅刻するのではないかと不安になって、声を上げることができなかったんです……。顔を確認しようとしても、満員のため何もわからず、自分が降りる駅までただただ我慢するしかありませんでした。幸い、次の駅で降りる予定だったので、すぐに痴漢から逃げることができましたが、突然のことに気持ちが動転してしまい、試験に集中できませんでした。試験終了後も、また痴漢に襲われるのではないかと怖くて仕方なく、父に迎えに来てもらい、一緒に帰りました」[3]

反響[編集]

受験生を痴漢から守るための活動である#withyellowが、2020年よりRadarLab株式会社の発案で実施されている[6][5]。これは、Twitter上で「#withyellow」のハッシュタグを拡散したり、試験当日に「黄色いもの」を身に付けて電車内をパトロールする活動であり、誰でも参加できる。

TBSアナウンサーの国山ハセンは、「受験生を狙い打ちにする卑劣な犯行です」「対策ということで、黄色のものを身につけて、駅の構内や電車に乗って痴漢を監視する活動も広がりつつあります。(中略)こういうことが認知されることも必要ですね」とコメントした[4]

弁護士の太田啓子は、「実際に痴漢しなくても、性暴力を恐れる女性などに不安を与えることを楽しむこと自体悪質な『遊び』」であると指摘している[7]

対応[編集]

大学入試センター[編集]

共通テストの実施主体である大学入試センターは、RadarLabの問い合わせに対し、「もしも被害に遭って遅刻してしまっても、救済措置があるので、受験票に書かれた問い合わせ番号にまず電話して欲しい」「仮に受験生が警察への聞き取りに協力して遅刻したということであれば、証明できるものを出していただいたり、試験場の大学から警察に事実関係を確認させていただきます。申し出ている通りであれば、当日に時間をずらして受験していただいたり、別の日に追試験するなど対応方法があります」と返答している[8]

交通機関[編集]

以下の交通機関では、痴漢防止のアナウンスを強化するなどの対策を行っている[2]

その他[編集]

  • 日本共産党は、公共交通での痴漢防止アナウンスや受験機会の保障など、受験期の痴漢対策強化に向けた取り組みを行っている[7][9]
  • 神奈川県警察は、SNSで注意喚起を行ったほか、試験当日の朝に警官を駅のホームなどに配置、駅周辺でのパトカーでの巡回などを実施した[1]
  • 一部の高校では、なるべく私服を着用し、友人や保護者などと一緒に会場に向かうよう指導している[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ センター試験は共通テストの前身であり、2020年度まで実施されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「痴漢祭り」 大学入学共通テスト前、ネットで予告相次ぐ”. 毎日新聞 (2022年1月14日). 2022年1月17日閲覧。
  2. ^ a b 大学共通テスト 受験生狙った"痴漢予告"に非難殺到「恥を知れ」「全員逮捕して」”. 女性自身 (2022年1月15日). 2022年1月17日閲覧。
  3. ^ a b c d 「センター試験痴漢」遅刻できない受験生を狙う卑劣犯罪の実態”. FRIDAY DIGITAL (2020年1月31日). 2022年1月17日閲覧。
  4. ^ a b c d 卑劣な「センター試験痴漢」 受験生は「試験に間に合わない」と声をあげられないから狙い撃ち”. J-CASTニュース (2020年1月14日). 2022年1月17日閲覧。
  5. ^ a b 「まじで痴漢やめろ」センター試験痴漢に電車内パトロールで対抗、女子中高生や男性も”. ビジネスインサイダー (2020年1月18日). 2022年1月17日閲覧。
  6. ^ a b 「入試は遅刻厳禁だから受験生が狙い目」 卑劣な痴漢から守る活動、ネットで拡散中”. 弁護士ドットコム (2020年1月17日). 2022年1月17日閲覧。
  7. ^ a b 痴漢から受験生守れ”. 日本共産党 (2022年1月15日). 2022年1月17日閲覧。
  8. ^ 黄色のものを身につけてみんなで受験生を守ろう!”. RadarLab Inc.. 2022年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年1月17日閲覧。
  9. ^ 痴漢防止へ駅アナウンス実現 阪神電鉄など”. 日本共産党 (2022年1月13日). 2022年1月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]