共分散構造分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

共分散構造分析(きょうぶんさんこうぞうぶんせき、: Covariance Structure Analysis)とは、複数の構成概念間の関係を検討することができる統計的手法の1つで構造方程式モデリング(Structural Equation Modeling)手法では共分散を使っている特別なクラスである。一方では分散構造分析も存在する[1]。内生変数を扱いながら関係を調べることができる、すなわち因子分析重回帰分析を同時に行うことができるのが特徴。

構造方程式モデリングソフト[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Hair, J.F.; Hult, G.T.M.; Ringle, C.M.; Sarstedt, M. (2014). A Primer on Partial Least Squares Structural Equation Modeling (PLS-SEM). Thousand Oaks, CA: Sage. ISBN 9781452217444. http://www.pls-sem.com/. 

参考文献[編集]

  • 豊田秀樹『共分散構造分析 入門編』朝倉書店、1998年、ISBN 4-254-12658-1
  • 豊田秀樹『共分散構造分析 疑問編』朝倉書店、2003年、ISBN 4-254-12666-2
  • Reinartz, Werner, Michael Haenlein, and Jörg Henseler. "An empirical comparison of the efficacy of covariance-based and variance-based SEM." International Journal of research in Marketing 26.4 (2009): 332-344.