六甲オルゴールミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 六甲オルゴールミュージアム
Rokko International Musical Box Museum
Hall of halls rokko01s2816.jpg
施設情報
専門分野 オルゴール
事業主体 阪神電気鉄道株式会社
管理運営 六甲山観光株式会社
開館 1994年
所在地 657-0101
兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145
プロジェクト:GLAM
シュトラウス・カフェ側
ナチュラルガーデン
シュトラウス・カフェのテラス

六甲オルゴールミュージアム(ろっこうオルゴールミュージアム)は、兵庫県神戸市六甲山上にあるオルゴール博物館

1994年7月21日に阪神電気鉄道の一部門として「ホール・オブ・ホールズ六甲」の名で開館、1996年には自動演奏楽器専門の博物館としては日本で初めて博物館法に基づく博物館相当施設に指定された。現在も阪急阪神ホールディングス傘下となった阪神電気鉄道にあるが実際の運営は2003年以降、子会社六甲山観光株式会社に委託されている。2012年3月に六甲オルゴールミュージアムと改称された。

概要[編集]

常設展示として主に19世紀から20世紀初頭にかけて製作されたヨーロッパやアメリカの様々なシリンダーやディスク・オルゴール、世界最大級のダンス・オルガンを含む種々の自動演奏楽器(ピアノ、ヴァイオリン、パーカッションなど)、 いろいろなオートマタ、また自動楽器による伴奏付きサイレント映画の上映など、多彩な演奏・実演を行っている。他に企画展や特別コンサートなども開催。

また現代のトイオルゴールからアンティークまでそろえたミュージアム・ショップ、オーダーメイドのオリジナルオルゴール制作をする工房、オルゴール組立体験工房、木立を眺められるシュトラウス・カフェなども併設している。

隣接する六甲高山植物園へは木道橋が造られ、その周囲はナチュラルガーデンとして整備されている。

施設[編集]

  • メイン展示室(常設展示用)
  • 特別展示室x2、小展示室(主に企画展示用)
  • ミュージアムカフェ「シュトラウス・カフェ」
  • ミュージアムショップ「時音(とおん)」 - 2015年7月1日に訪日観光客消費税免税店となる[1]
  • オルゴールスタジオ(オーダーメイドオルゴール制作工房)

主な展示物[編集]

  • シリンダー・オルゴール「サブライム・ハーモニー」1880年頃 スイス 製作者不詳
  • ディスク・オルゴール「オーケストラル・レジーナ6型」1900年頃 アメリカ レジーナ社製
  • オートマタ(自動人形)「アクロバットをするピエロ」1993年 スイス ヴァルター・ダーレル作
  • 自動演奏バンジョー「アンコール・オートマティック・バンジョー」1992年 アメリカ D.C.ラメイ社製
  • 自動演奏ピアノ「ワーリッツァー・スタイル“O”フォトプレーヤー」1920年 アメリカ ワーリッツァー社製(サイレント映画の効果音用)
  • 自動演奏オルガン「デカップ・ダンス・オルガン “ケンペナー”」1938年 ベルギー デカップ社製

利用情報[編集]

  • 定休日:木曜日(3月下旬 - 8月は無休、祝日は開館)、1/1、12/31
  • 営業時間 :10:00 - 17:00(入館は16:00まで。4月から10月の日曜・祝日および8月は9:00から営業。(一部店舗は除く)
  • ナイトコンサート :17:30 - 19:00(4月から11月の第3土曜日)
  • 姉妹館:萌木の村博物館ホール・オブ・ホールズ (山梨県北杜市高根町清里)[2]
2F メイン展示室(合成パノラマ)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

交通・アクセス[編集]

  • 電車 - バス - ケーブル - バス:阪神御影・JR六甲道・阪急六甲の各駅から、神戸市バス16系統、六甲ケーブル六甲山上駅」、さらに六甲山上バス「オルゴール館前」下車 すぐ
  • クルマ:阪神高速(神戸線)魚崎出口から表六甲ドライブウェイ経由で約35分

周辺[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度45分42秒 東経135度14分18秒 / 北緯34.76167度 東経135.23833度 / 34.76167; 135.23833