六月八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
六月八幡神社
所在地 東京都足立区六月3-13-19
主祭神 誉田別命応神天皇
創建 天喜年間(1053年1058年
テンプレートを表示

六月八幡神社(ろくがつはちまんじんじゃ)は東京都足立区神社

概要[編集]

天喜年間(1053年1058年)に創建された。前九年の役出征のため、源頼義義家父子の軍勢が当地を通りかかった際に、賊に遭遇して苦戦したが、八幡神に戦勝を祈願して、勝利を得ることができた[1]

その戦勝に感謝して八幡神を祀るために創建された。また当社の隣りに炎天寺も建立し、当社の別当寺とした[1]。そういう経緯もあって、現在も神社と寺を分ける塀が途中で切れており、事実上境内が一体化している。

明治時代以降の当社の管理は鷲神社が行っている[2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 足立史談会 編『足立区史跡散歩 (東京史跡ガイド21)』学生社、1992年、101-103p
  2. ^ 鷲神社トップページ鷲神社

参考文献[編集]

  • 足立史談会 編『足立区史跡散歩 (東京史跡ガイド21)』学生社、1992年

外部リンク[編集]