衣笠 (横須賀市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
公郷町 (横須賀市)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
衣笠
春の衣笠山公園
衣笠の位置(神奈川県内)
衣笠
衣笠
衣笠の位置
北緯35度15分22.2秒 東経139度39分58.2秒 / 北緯35.256167度 東経139.666167度 / 35.256167; 139.666167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 横須賀市
面積
 • 合計 12.087km2
人口
2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 • 合計 62,210人
 • 密度 5,100/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 046 (横須賀MA)[2]
ナンバープレート 横浜
ウェブサイト 衣笠商店街公式サイト
※座標は衣笠行政センター

衣笠(きぬかさ)とは、神奈川県横須賀市にある地名の一つ。狭義には横須賀市衣笠町を指す。広義には旧衣笠村(現在、横須賀市衣笠行政センター管轄エリアとほぼ重なる)を指す。ここでは広義の衣笠について解説する。

概要[編集]

衣笠は三浦半島の中央部に位置する。広義の衣笠に所属する地域名は、阿部倉、池上、大矢部、金谷、衣笠栄町、衣笠町、公郷町、小矢部、平作、森崎の10地区である。市役所のある横須賀中央からは、3キロ程離れている。

国土情報ウェブマッピングシステム 横須賀衣笠地区の航空写真 1988年撮影

標高が低い山々(三浦丘陵)が覆うため平地は平作川沿いの一部に限られる。平作川沿いの平野は古くから交通網が整備されていて(浦賀道)、現在も東西に県道27号線JR横須賀線が横切っている。

県道27号線沿線には人家や商業施設が多い。衣笠駅周辺は特に商業活動が盛んである。衣笠商店街には全蓋式アーケードと片側式アーケードが設置されている。近年はマンションの建設も続いている。また衣笠インターチェンジ付近にもロードサイド店舗が多く出店するようになった。

丘陵部には、昭和中期以降から京浜地域ベッドタウン化が進み宅地開発が行われている。ただ一部山林も残る。

衣笠山(きぬかさやま)一帯には大正時代からが植樹されており、現在公園(衣笠山公園)となっている。同公園は桜の名所として知られ、毎年3月~4月上旬には「衣笠さくら祭り」が開催されて多くの人出がある。

狭義における衣笠である衣笠町は宅地開発があまり進んでいない衣笠山の山裾の地区である。そのためこの地を平安末期 - 室町後期にかけて支配していた武士集団、三浦党を偲ばせる遺跡がいくつか残る。

なお、旧村名および横須賀市の町名としての「衣笠」は「きぬさ」と濁らずに読まれるが、横須賀線の「衣笠駅」は「きぬさ」と濁って読まれる。

衣笠の主な施設[編集]

公共・教育[編集]

神奈川県立横須賀工業高校

交通[編集]

商業[編集]

衣笠商店街(大通り)
衣笠商店街(仲通り)

金融施設[編集]

観光・文化・自然[編集]

公園・名所・宗教施設[編集]

初夏のしょうぶ園

温泉施設[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

注釈・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳登載人口”. 横須賀市 (2017年10月13日). 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]