公民身分番号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

公民身分番号(こうみんみぶんばんごう)は、中華人民共和国で使われている個人の識別番号である。数字18桁(末尾1桁は数字または「X」)。

名称[編集]

簡体字では「公民身份号码」と書き、繁体字では「公民身份號碼」と書く。英語では「Citizen Identification Number」という[1]

対象[編集]

公民身分番号が与えられる対象は、中華人民共和国の国籍を有する個人(「公民」)である[1]。中国で戸籍を管理している公安(警察)が戸籍に基づいて番号を決めるので、戸籍のない子(黒孩子)には公民身分番号は与えられない[2]。転居、結婚などで番号が変わることはない。

数字の意味[編集]

18桁の構成[編集]

公民身分番号の18桁は、次の表のように構成されている[1]

公民身分番号の構成
公民身分番号のn桁目(先頭が18桁目)
18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
簡体字 地址码 出生日期码 顺序码 校验码
繁体字 地址碼 出生日期碼 順序碼 校驗碼
説明 住所コード6桁 生年月日8桁 順序番号3桁 チェックディジット

住所コード[編集]

公民身分番号の先頭6桁の住所コードは、番号の持ち主の戸籍の登録地を表している[1]。住所コードには行政区画代碼が使われていて、6桁がレベルの単位(市轄区県級市など)で戸籍の所在地を表している[1]

生年月日[編集]

公民身分番号の住所コード6桁に続く8桁は、番号の持ち主の生年月日を表している[1]。生年月日はGB/T 7408すなわちISO 8601で表されている[1]

順序番号[編集]

公民身分番号の住所コード・生年月日に続く3桁は、住所コードと生年月日の両方を同じくするグループ内の識別番号である[1]。奇数は男性、偶数は女性に割り当てられている[1]

チェックディジット[編集]

公民身分番号の最後の1桁は、チェックディジットであり、先頭17桁から一意的に決定される[1]。具体的な計算方法は、ISO 7064 MOD 11-2である[1]。この桁にのみ「X」が現れることがある[1]

利用範囲[編集]

公民身分番号は、納税銀行口座の開設などの際に必要であり、近年は、中国の高速鉄道の切符を買う際にも必要になった[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l GB 11643-1999
  2. ^ a b 毛桂榮「戸籍制度」と公共サービスの制度構築(明治学院大学法律科学研究所年報第28号、2012年7月)