公文俊平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
公文俊平
生誕 (1935-01-20) 1935年1月20日(82歳)
研究分野 社会システム論日本社会論情報文明論
テンプレートを表示

公文 俊平(くもん しゅんぺい、1935年1月20日 - )は、日本の社会学者多摩大学情報社会学研究所所長、立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部客員教員、情報社会学会会長。専門は、社会システム論国際関係論

人物[編集]

高知県出身。土佐中学校・高等学校1957年東京大学経済学部卒業。1959年に同大学院社会科学研究科理論経済学専門課程修士課程修了。1967年東京大学教養学部助教授、カールトン大学客員助教授・客員準教授。1968年インディアナ大学経済学大学院でPh.D.取得。1971年経済企画庁客員研究官。1978年、東京大学教養学部教授。1988年ワシントン大学客員研究教授。1990年国際大学教授。1993年国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長、2004年に多摩大学情報社会学研究所所長、多摩大学客員教授(~2013年3月、担当講義は「社会システム論」)

当初は経済学者として研究活動をスタートしたが、その後は社会科学の諸分野の統合を試み、情報・メディア・コミュニケーション研究を研究テーマとする[要出典]神戸情報大学院大学非常勤講師を歴任。

東京大学教授在任中は、臨時教育審議会の専門委員に就任。東京大学においても同僚の村上泰亮佐藤誠三郎らとともに教養学部の改革を進めていたが、1988年(昭和63)に、教養学部の教員人事に端を発したいわゆる東大駒場騒動(中沢事件)が起こり頓挫。西部邁、村上泰亮らとともに辞職した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『一般システムの諸類型――社会システム論のために』(学習研究社, 1974年)
  • 『社会システム論』(日本経済新聞社, 1978年)
  • 『転換期の世界』(講談社講談社学術文庫]、1978年)
  • 『ネットワーク社会』(中央公論社, 1988年)
  • 『アメリカの情報革命』(NECクリエイティブ, 1994年)
  • 『情報文明論』(NTT出版, 1994年)
  • 『文明の進化と情報化――IT革命の世界史的意味』(NTT出版, 2001年)
  • 『情報社会学序説――ラストモダンの時代を生きる』(NTT出版, 2004年)
  • 『情報社会のいま――あたらしい智民たちへ』(NTT出版, 2011年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ネティズンの時代』(NTT出版, 1996年)
  • 『2005年日本浮上――長期波動で読む再生のダイナミズム』(NTT出版, 1998年)
  • 『「リーディングズ」情報社会』(NTT出版, 2003年)

共編著[編集]

  • 竹内靖雄・村上泰亮)『講座現代経済思潮(3)社会・経済システム』(東洋経済新報社, 1978年)
  • (衛藤瀋吉ほか)『日本の安全・世界の平和――猪木正道先生退官記念論文集』(原書房, 1980年)
  • 濱口恵俊)『日本的集団主義』(有斐閣, 1982年)
  • 高坂正堯)『国際政治経済の基礎知識』(有斐閣, 1983年)
  • Cultural and Social Dynamics, co-edited with Henry Rosovsky, (Stanford University Press, 1992).
  • 丸田一國領二郎)『地域情報化――認識と設計』(NTT出版, 2006年)

訳書[編集]

  • アレク・ノーヴ『ソ連経済』(日評社, 1967年)
  • イマニュエル・ウォーラーステイン『大学闘争の戦略と戦術』(日本評論社, 1969年)
  • リチャード・アティエ, キース・ラムズデン, ジョージ・リランド・バック『プログラム学習によるマクロ経済学』(学習研究社, 1971年)
  • E・S・クェイド, W・I・ブッチァー編『システム分析(1・2)』(竹内書店, 1972年)
  • ウイレム・L・オルトマンズ編『明日の地球世代のために――「成長の限界」をめぐる世界知識人71人の証言』(日貿出版社, 1973年)
  • フィリップス・W・フォスター『環境科学入門――プログラム学習による』(学習研究社, 1973年)
  • アンドリュー・M・コヒル, アンドレア・L・カバノー編『エレクトロニックビレッジ――情報ネットワークがひらくコミュニティーの新世界』(くまざさ社, 1999年)
  • ハワード・ラインゴールド『スマートモブズ――「群がる」モバイル族の挑戦』(NTT出版, 2003年)共訳
  • エリ・ノーム, ローレンス・レッシグ, トーマス・W・ヘイズレット, リチャード・A・エプスタイン『テレコム・メルトダウン――アメリカの情報通信政策は失敗だったのか』(NTT出版, 2005年)

外部リンク[編集]