公孫竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公孫 竜または公孫 龍慣用音: こうそん りゅう、漢音: こうそん りょう[1]拼音: Gōngsūn Lóng紀元前310年代頃 - 紀元前250年代[2])は、古代中国戦国時代政治家思想家は子秉(しへい)[3]平原君食客諸子百家名家の筆頭。「白馬非馬説」「堅白論」などの奇怪な学説をといた。著作として『公孫龍子』が伝わる。

政治家として[編集]

紀元前260年長平の戦いで趙はに決定的な敗北を喫し、首都邯鄲を包囲されるという危機に陥った。しかし、宰相平原君が、春申君信陵君に救援を求めて同意を得ることに成功し、ついに紀元前258年、合従軍によって秦は撤退した。

『史記』「平原君・虞卿列伝」によれば、その後、趙の学者・政治家の虞卿は、平原君が信陵君を趙に招いて邯鄲を救ったことを理由として、平原君の領地を加増するよう王に進言しましょうと申し出た。その夜中、公孫龍は平原君の屋敷に車で駆けつけ、虞卿の意見に対し異議を唱えた。「わが君がこれまで、宰相になることができましたのも、領地を得ることができましたのも、趙でもっとも才能や功績がある人物だからというわけではありません。ただ、王の親戚だからというまでです。そのうえで(下々の者と同様に)才能や功績を理由に領地を受け取っては、かえって不利になりましょう。しかも、仮に成功したとしても、虞卿めはこれを恩に着せる魂胆でしょう」平原君はこの意見を取り入れ、虞卿の申し出を断った[4]

思想家として[編集]

呂氏春秋』の諸篇によれば、昭王に「偃兵」(非戦・休戦[5])を説いた後、趙の平原君食客となり、恵文王に「偃兵」「兼愛」を説いたという。この二つは墨家の思想的特長とされるものでもある。

『公孫龍子』では、「白馬非馬説」すなわち「白とは色の概念であり、馬とは動物の概念である。であるから、この二つが結びついた白馬という概念は馬という概念とは異なる」という論や、「堅白論」すなわち「白くて固い石は手で触っているときには白いということは解らず、目で見ているときには硬いということが解らない。すなわち、白いという概念と硬いという概念は両立しない」という論などを説いている。

韓非子』外儲説左上篇では、兒説という人物が白馬に乗って関所を通る際、「白馬非馬説」を用いて馬の通行税を免れようとするものの、役人が頑として聞かず、結局は税を支払ったという。別の書物では、公孫龍も同じようなことをしたという[6][7](『白孔六帖』巻9所引の『新論』など)。

『史記』平原君虞卿列伝によれば、陰陽家鄒衍が趙に来て、平原君の面前で「白馬非馬説」などを無用な学説として非難し、「至道」の説を唱えてからは、平原君の寵愛を失い、趙を去ることになったという[8]。その後の行方は知れない[9]

登場文献[編集]

  • 『公孫龍子』跡府 - 孔子の子孫の孔穿中国語版が、公孫龍の門弟になろうと訪ねてきた。しかし孔穿は「白馬非馬」に納得できないという。これに対し公孫龍は、楚共王と孔子の「楚弓楚得」の説話や、尹文の「士」の説話を語って、孔穿の誤りを指摘した。
  • 列子』仲尼 - 道家魏牟中国語版公子牟)が、「白馬非馬」を含む公孫龍の諸学説を弁護した[10]殷敬順釈文によれば、公孫龍のは「子秉」だった[3]
  • 荘子
    • 秋水 - 公孫龍は魏牟に荘周の思想について教えを請うたが、「井の中の蛙」に大海の広さを教えたら自失してしまう、という旨を説かれ、舌を巻いて逃げ出した[11]
    • 徐无鬼 - 成玄英中国語版によれば、荘周と恵施の会話に出てくる四つの学派「・秉」の「秉」が、公孫龍のであり、公孫龍の学派を指すとされる[11]
    • 天下 - 弁者の代表的人物の一人として言及される[11]
  • 淮南子
    • 斉俗訓 - 学説が言及される。許慎注に学説の簡潔な解説がある[12][13]
    • 道応訓 - 「声が大きい」などの一芸を持った人物を弟子に迎えていた[14]
    • 詮言訓
  • 呂氏春秋
    • 有始覧 聴言 - 昭王に「偃兵」を説いた。
    • 審応覧 審応 - 恵文王に「偃兵」「兼愛」を説いた。
    • 審応覧 淫辞 - 趙が魏を秦から守ったことについて、秦が趙に抗議を寄せた。公孫龍は平原君に抗議の退け方を助言した[3]。「蔵三牙」という学説をめぐって孔穿と討論した。
    • 審応覧 応言 - 燕の昭王に「偃兵」を説いた。高誘中国語版注によれば公孫龍はの人だった[15]
  • 史記
    • 孟子荀卿列伝 - 趙で「堅白同異之辯」を説いた。
    • 平原君虞卿列伝 - 平原君に進言した。鄒衍に非難されて趙を去った。『史記集解』所引の『別録』には、鄒衍の非難の詳細が記されている[16]
  • 戦国策』趙策 - 平原君虞卿列伝と同内容の進言。
  • 孔叢子』公孫龍
  • 塩鉄論』箴石 - 公孫龍の発言が引用される。同じ篇に「子石」の名も見えることから、本項の公孫龍ではなく孔子の弟子の公孫龍中国語版の発言とする解釈もある[17]
  • 法言』吾子 - 「公孫龍詭辞数万以為法……」
  • 論衡』案書 - 「公孫龍著堅白之論……」
  • 中論』考偽
  • 文心雕龍』諸子
  • 芸文類聚』巻66等所引『荘子』佚文、『太平御覧』巻390所引『説苑』佚文、『新序』雑事二など - 「梁君出猟」説話[18][19]
  • 初学記』巻7所引『七略』 - 兒説と似た出関説話[20][6]
  • 白孔六帖』巻9所引『新論』 - 兒説と似た出関説話[7][6]

『公孫龍子』[編集]

漢書芸文志には『公孫龍子』十四篇とあるが、南宋の『直斎書録解題』で六篇に減少し、現行本も六篇からなる[3]。六篇の構成は、1.跡府、2.白馬論、3.指物論、4.通変論(通變論)、5.堅白論、6.名実論(名實論)である[注釈 1]

なお、『隋書経籍志には、『公孫龍子』が載っていない代わりに『守白論』一巻という書物が道家類に載っている。また南宋の『通志略』には、名家類の『公孫龍子』とは別に、道家論類に『守白論』が載っている。「守白論」「守白之論」という言葉は、『荘子』天下篇の成玄英中国語版や『公孫龍子』跡府篇において公孫龍に帰されることから、この『守白論』が『公孫龍子』と同一(または関連する)書物であるとする推定もある[22]

現行本の偽書説・成立年代に関しては、加地伸行によれば、戦国時代当時の真作であるというのが定説である[23]。ただし、跡府篇はその体裁や内容から、公孫龍本人ではなく門弟(公孫龍後学)の思想を伝えるものとされる[23][24]

受容[編集]

前近代においては、奇説・邪説を説く悪書として、長らく悪評高かった[注釈 2]。しかし清代考証学の時代になると、従来の悪評は過剰とみなされるようになった[注釈 3]。近代以降は、『墨子墨弁と並ぶ「中国論理学」の文献として注目・高評価されるようになり、前近代までと一転して盛んに研究されるようになった[25]

『公孫龍子』は極めて難解な文献であり、伝存状態も悪く、また『論語』にとっての集注にあたるような、伝統的に読まれた注釈書も無い。そのような事情から、『公孫龍子』の訳注は大抵、学者各人の仮説に基づく試論的な訳注になっている。ときには篇の順番が並べ替えられることもある[26][27]

注釈書・訳注[編集]

前近代[編集]

近現代[編集]

日本語以外

  • 王琯中国語版 『公孫龍子懸解』 中華書局〈新編諸子集成〉、2014年 [初出1930年] ISBN 978-7101099911
  • 譚戒甫中国語版『公孫龍子形名發微』 中華書局〈新編諸子集成〉、2013年 [初出1953年] 。ISBN 978-7101002706
  • 龐朴中国語版『公孫龙子研究』中華書局、1979年。NCID BN10768460

日本語

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この順番は道蔵本による[21]
  2. ^ 南宋陳振孫直斎書録解題』、南宋の黄震『黄氏日鈔』読諸子、元末明初宋濂『宋文憲公全集』巻27諸子辯など[23]
  3. ^ 四庫提要』や厳可均中国語版校訂本[23]

出典[編集]

  1. ^ 湯浅邦弘編『概説 中国思想史』ミネルヴァ書房、2010年、ISBN 9784623058204。22頁
  2. ^ 関口 1993, p. 74.
  3. ^ a b c d e 狩野 1953, p. 249.
  4. ^ 『史記』平原君虞卿列傳 虞卿欲以信陵君之存邯鄲為平原君請封。公孫龍聞之,夜駕見平原君曰:「龍聞虞卿欲以信陵君之存邯鄲為君請封,有之乎?」平原君曰:「然。」龍曰:「此甚不可。且王舉君而相趙者,非以君之智能為趙國無有也。割東武城而封君者,非以君為有功也,而以國人無勳,乃以君為親戚故也。君受相印不辭無能,割地不言無功者,亦自以為親戚故也。今信陵君存邯鄲而請封,是親戚受城而國人計功也。此甚不可。且虞卿操其兩權,事成,操右券以責;事不成,以虚名徳君。君必勿聽也。」平原君遂不聽虞卿。
  5. ^ 高田 1962, p. 88.
  6. ^ a b c 加地 2012, p. 320.
  7. ^ a b 高田 1962, p. 91.
  8. ^ 『史記』平原君虞卿列傳 平原君厚待公孫龍。公孫龍善為堅白之辯,及鄒衍過趙言至道,乃絀公孫龍。
  9. ^ 浅野 2004, p. 200.
  10. ^ 高田 1962, p. 82.
  11. ^ a b c 池田知久 『荘子 全訳注 下』 講談社〈講談社学術文庫〉、2014年。ISBN 978-4062922388 
  12. ^ 淮南鴻烈解二 第162頁 (圖書館) - 中國哲學書電子化計劃” (中国語). ctext.org. 2021年2月15日閲覧。
  13. ^ Graham 1989, p. 102.
  14. ^ 楠山春樹淮南子 中』明治書院〈新釈漢文大系 55〉、1982年7月。ISBN 4-625-57055-7 643頁。
  15. ^ 呂氏春秋四 第73頁 (圖書館) - 中國哲學書電子化計劃” (中国語). ctext.org. 2021年2月13日閲覧。
  16. ^ 関口 1993, p. 76.
  17. ^ 佐藤武敏訳注『塩鉄論 漢代の経済論争』平凡社東洋文庫、1970年。171頁。
  18. ^ 池田昌広「雄略紀5年「葛城山の猟」の出典」『京都産業大学論集. 人文科学系列』第48巻、2015年、 189頁。
  19. ^ Indraccolo 1981, p. 25.
  20. ^ ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:初學記/卷第七
  21. ^ 加地 2012, p. 133.
  22. ^ 加地 2012, p. 127;133(欒調甫の説として紹介した上で、判断を保留している。).
  23. ^ a b c d 加地 2012, p. 121-122.
  24. ^ 浅野 2004, p. 190.
  25. ^ 関口 1993, p. 75;81.
  26. ^ 加地 2012, p. 139.
  27. ^ 譚 2013.
  28. ^ 舊唐書卷四十七 第20頁 (圖書館) - 中國哲學書電子化計劃” (中国語). ctext.org. 2021年2月13日閲覧。
  29. ^ 通志略 第119頁 (圖書館) - 中國哲學書電子化計劃” (中国語). ctext.org. 2021年1月30日閲覧。
  30. ^ 全國漢籍データベース 四庫提要”. kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp. 2021年2月13日閲覧。
  31. ^ 加地 & 加地, p. 127-128.
  32. ^ 公孫竜子 / 公孫竜 撰 ; 楊慎 評註”. www.wul.waseda.ac.jp. 2021年3月7日閲覧。
  33. ^ a b 小柳司気太『国訳公孫龍子』解題
  34. ^ a b Indraccolo 1981, p. 82.
  35. ^ a b 加地 2012, p. 168.
  36. ^ 札迻 第270頁 (圖書館) - 中國哲學書電子化計劃” (中国語). ctext.org. 2021年3月14日閲覧。