公共放送のあり方について考える議員の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公共放送のあり方について考える議員の会(こうきょうほうそうのありかたについてかんがえるぎいんのかい)は、日本の議員連盟

2009年(平成21年)6月11日発足。日本放送協会 (NHK) のあり方について研究や提言をおこなっている[1]

概要[編集]

2009年(平成21年)4月5日放送の、NHKスペシャルシリーズ JAPANデビュー第1回アジアの“一等国”」の内容が偏向していることなどを検証している。6月11日、古屋圭司会長は、発足にあたり、「報道の自由は堅持すべきだが、国民からいろいろな意見が寄せられた。有識者の意見を聞きながら検証を深めたい」と述べている。約60人の議員が設立総会に出席した[1]

主な所属議員[編集]

引退・落選議員[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “NHK“偏向”番組検証へ安倍元首相らが議連”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年6月11日). オリジナルの2009年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090614040352/http://sankei.jp.msn.com/life/education/090611/edc0906111932005-n1.htm 2010年1月4日閲覧。 

参考文献[編集]