八雲塗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八雲塗(やくもぬり)とは島根県松江市で生産される漆器である。

特色[編集]

下地の工程の後、中塗りを行わずに、色漆青貝・金銀粉、乾漆などで文様を描き、その上から透漆をかけて仕上げる。時間が経つにつれ漆が透明になり、描かれた鮮やかな文様が浮き上がってくるのが特徴である。

歴史[編集]

寛永16年に京都の烏丸の堅地屋清兵衛というものが時の藩主に招聘されたのが始まりとされる[1]

明治19年、松江藩お抱えの駕籠(かご)塗職人の家に生まれた坂田平一らによって考案された[1]。 平一は家を継ぐが、明治となり職を失ってしまい、人力車の塗装や修理などでをして暮らしていた。ある日、古道具屋から見せられた中国の存星塗(ぞんせいぬり)のをまねて盆を作った。その後も手法に工夫を加えながら、出来の良い盆やを作り、唐物として売られた。その作品が時の島根県知事籠手田安定の目にとまり、出雲古歌「八雲立つ」にちなんで「八雲塗」と命名された。

明治35年には漆器組合を組織、翌年には内国勧業博覧会に出品、44年には八雲漆器伝習所を設立した[2]。この間に他県の技師を招いて技術向上に腐心した。

昭和57年(1982年)3月、島根県ふるさと伝統工芸品に指定されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 三宅孤軒 1924, pp. 228.
  2. ^ 三宅孤軒 1924, pp. 229.

参考文献[編集]

  • 三山喜三郎著 「八雲塗ノ改良方針」島根県内務部 1912年
  • 三宅孤軒著 「出雲案内記」 全国同盟料理新聞社 1924年